超巨大海王類達の役割|ワンピース最終章考察

S 119021573 300x225 1

超巨大海王類達の役割|真の名はトリトン?


超巨大海王類達の役割は?真の名はトリトン?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では古代兵器ポセイドンについての考察を

超巨大海王類達の役割|ポセイドンと海王類の関係について

 

超巨大海王類達の役割は?真の名はトリトン?

甲塚
甲塚

魚人島編ラストでは、巨船ノアが魚人島を破壊する直前にしらほし姫の願いに応じて超巨大海王類達が現れてそれを阻止したわけですが…

今回は海王類達について色々と書かせて頂きます!

 

ポセイドンと海王類の関係について

しらほし姫は数百年に一度生まれてくる古代兵器ポセイドンたる人魚姫であるわけですが、おそらく人魚姫は制御装置みたいなもので、ポセイドンたる人魚姫が操る海王類達とセットになる事ではじめて『古代兵器ポセイドン』として機能するんじゃないかと思います。

人形姫単体で恐るべき力を発揮したりはできないと思いますからセットであるのは間違いないと思うのですが、海王類達は人魚姫は自分達の王であり、ポセイドンの祈りや願いに応じて従う存在であるというような内容の話をしていました…

古代兵器ポセイドン…それが何の為に存在するのかは分からないですが、おそらく、しらほし姫と会話できる超巨大海王類達はその会話の内容から少なくとも空白の100年の時代かそれ以前の大昔に生まれ、ずっと生き続けてきた存在であり、先代の人魚姫に従っていたように感じられます…

あるいはもっともっと以前…ズニーシャよりも更に長く生きている可能性も感じますが、彼らは何故自分達の王が人魚姫なのかという理由は知らないまでも、人魚姫に従い約束の日に巨船ノアを曳く事が自分達の役目であるという事は理解していて、その運命を受け入れているようです…

その役目の意味は記事の最後に考えてみたいと思うのですが、彼らは一般的には海王類と呼ばれているわけですが、超巨大であるという共通点以外は姿形もバラバラでありながら同じ事一族や種族であるというよ繋がり認識があるようで、彼らはもしかしたら自分達を海王類ではなく別の名前で認識している一つの種族なんじゃないかとも思います。

彼らの知能の高さはかなりのもので、人間の言葉は話せないまでも、人魚姫とは完璧にコミニュケーションを取れていますし、思考も人間と変わらない感じで、それはズニーシャとも共通しているわけですが、他の海獣達とは全く別格の知的生命体であり、人類が『海王類』と呼んでいるのは彼らが知性ある存在だとは知らず、また、彼らとはコミュニケーションを取れないわけですから彼らの正体もわからない…

しかし、彼らは自分達を『海王類』だとは呼ばないでしょうし、やはり真の名前があるのではないかと思います。

それはもしかしたら『トリトン族』だったりするんじゃないかと思うんですよね…

ポセイドンの眷属トリトン族?

古代兵器ポセイドンの元ネタはギリシャ神話の海神ポセイドンであるのは間違いないと思いますが、海神ポセイドンには子供達がいます。

その中でも最も有名なのはトリトンという名前の息子であると思うのですが、トリトンも海神として認識される一柱の神格でありながら、現代では男性の人魚を表現する言葉として認識されていて、アニメや漫画、RPGでも『トリトン族』というような種族として認識されるようになっています。

つまり、トリトン族は海神ポセイドンの眷属であり、海神ポセイドンは父であり王であるはずです。

古代兵器ポセイドンも人魚姫と海王類達の関係はそれと非常に似ているんじゃないかと思いまいますから、人魚姫がポセイドンであるとしたら、それに従う海王類達はトリトン族なんじゃないかと思うんですよね…

トリトン族は男性の人魚のイメージで描かれますが、人魚姫と海王類達との関係性を見るに王というよりは母的な感じがしますし、可能性としてはありうるのではないかと思います。

知性と役割を持ち、基本的には積極的に人を襲うような性質ではないと思いますし、遥か大昔には人類から神として認識されていてもおかしくないような神秘性も持ち合わせていますよね

本来はトリトン族と呼ばれていた存在が、もしかしたら世界政府によって真の名前を奪われてしまい『海王類』という存在に貶められてしまったのかも?

そう考えるとニカやDと似たような存在なんじゃないかと思うのですが、周りが変わろうとも彼らは変わらず、役目を忘れる事もなく、今も『約束の日』を待ち続けているような雰囲気ですね…

約束の日とは?

魚人島の王族と海王類達には『約束の日』という伝説のようなものがあるようですが、今のところは、その約束の日に海王類達が巨船ノアを曵くという事くらいしか分かっていませんね…

それが魚人島に住まう全ての魚人族の悲願である地上への移住と関わっている事は間違いないと思えますし、それは魚人島民全てがノアに乗り込み海王類達がそれを曳いて地上に浮上するという事を意味している可能性は高いと思います。

しかし、その『約束の日』とはいつの事を指しているのか…?

個人的には、かつてシャーリーが見た未来…麦わら帽子を被った男が魚人島を滅ぼすという未来は実現すると思っており、それは滅ぼすという意味ではなく魚人族が地上に移住する為に必要な儀式というか…魚人族が彼らにとっての安全な楽園と言える魚人島から卒業する為に必要な事であり、ルフィがそれをする日こそが約束の日になるのではないかと思います。

それはルフィとしらほし姫が決断する事であり
、おそらくネプチューン王達もそれに従うのだと思います。

それはワノ国の開国と同じようなタイミングになるんじゃないかとも思うのですが、それはおそらく天竜人の支配に敢然と立ち向かうという姿勢を現す事にもなるのではないかと思いますし、海王類達はやはり魚人族を守る立場になるでしょう…

古代兵器ポセイドンは兵器として存在しているのではなく、世界の変革の為に存在しているものであり、彼らの役割は海中の世界と陸上の世界を隔てる壁を破壊し、つなげる事にあるのではないかと思います!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x