黄猿ボルサリーノ非情!|ワンピース1089話考察

S 119021571 300x225 1

黄猿ボルサリーノ非情!|仲間であるベガパンク抹殺を自ら行う理由


黄猿ボルサリーノ非情!仲間であるベガパンク抹殺を自ら行う理由は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではボルサリーノと戦桃丸の過去とボルサリーノの思想についての考察を

黄猿ボルサリーノ非情!|おっさんとオジキ

 

黄猿ボルサリーノ非情!仲間であるベガパンク抹殺を自ら行う理由は?

甲塚
甲塚

第1089話では戦桃丸とボルサリーノの過去が少し明らかになるようですが、やはりベガパンクも合わせて彼らはかなり仲が良かったようですね…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

おっさんとオジキ

第106巻SBSにて戦桃丸とベガパンクの出会いと戦桃丸がボディガードになった経緯が明らかにされましたが、ベガパンクはただ戦桃丸を雇ったのではなく、やはり引き取って面倒を見たのではないかと思います。

戦桃丸は身寄りが無かったようですし、子供が山の中で熊達と生活しているという野生ぶりは科学者であるベガパンクからすれば学問に触れる事もできない不幸な身の上だと映ったでしょうし、戦桃丸も望んでそんな生活をしていたわけではない…

ベガパンクは戦桃丸に人間らしい生活と熊とは違う人の温もりも教えたんじゃないかと思いますから、戦桃丸はベガパンクをパンクのおっさんとは呼んでいますが、おそらく本当は心の中で親父と呼んでいるが、律儀な男ですからボディガードとして徹し甘える事をせずに一線を引くためにおっさんと呼んでいるのでしょう…

また、ボルサリーノはオジキと呼んでいますが、やはりボルサリーノも戦桃丸を可愛がっていたらしきことが第1089話にて描かれるようです。

三人はパシフィスタ開発という仕事で関係が結びついたようですが、仕事上の事は超越してベガパンクとボルサリーノは親父と叔父さんみたいな存在として戦桃丸を可愛がっていたのでしょう…
戦桃丸はベガパンクの味方につく事を選択したわけですが、それはやはり親父だと思っている証でしょうし、ボルサリーノも敵に回したくないはず…

その叔父さんボルサリーノが親父を抹殺しようとなんて戦桃丸には非常に辛い状況であるようで、その気持ちを率直にボルサリーノにぶつけるようですが、ボルサリーノは海軍大将として非情に徹するようです…!

悪は悪、罪は罪

ボルサリーノは戦桃丸に全面降伏する事を勧めるようですが、戦桃丸はそれを拒否し、あんたが仲間であるベガパンクを抹殺しようとなんて信じられないと率直な気持ちをぶつけるようですが…

ボルサリーノは戦桃丸のその率直な気持ちに対してベガパンクは禁じられている空白の100年の研究をしていたのだから、それは罪であり悪だとして、世界政府の命令に服する意思を戦桃丸に突きつけるようです。

ボルサリーノがどんな男かはまだよく分からないわけですが、おそらく今回の作戦の司令官としてやってきたのは自ら志願したのではないかと思います。

世界政府の意思であり命令なわけですし、今の世界情勢から他に適任者がいなかったような事情もあるでしょうが、ベガパンクが抹殺されるのなら、逆に、せめて自分の手で…と考えたのかも知れないと思うんですよね…

飄々として何を考えているか分からないですし情があるのかどうかも分からないですが、あの戦桃丸がオジキと呼び慕うくらいですから、ボルサリーノには確かに嬢があり、優しい人間味もあるのでしょう…

自分なら苦しめずに抹殺する事ができるとか、そういう事を考えているのかも知れないなと思いますが、ボルサリーノがそこまで海軍大将として徹する事ができる理由はどこにあるのでしょうか?

サカズキも職務の為なら一般市民をも虐殺してしまうような強烈な意思があるわけですが、ボルサリーノもそういうところが見えますよね…

どっちつかずの正義というスローガンの割には徹底的じゃねえかと思えてしまいますが、どっちつかずの正義というのは、どういう立場だろうと真実は変わらない…つまり罪は罪であり、罪は悪であるという事は変わらないという意味なのかも知れないですね…

空白の100年の研究が禁じられているという法は真実であり、ベガパンクがその法を犯したのも真実だという事…

ボルサリーノは真実に重きを置く男なのかも知れないですね…

黄猿にとって海兵が守るべきものは?

ガープはコビー達に海兵が守るものは人の未来であると教えていましたが、ボルサリーノが仲間と言えるベガパンクを断罪してまで守ろうとするものは一体なんなのか?

サカズキは『正義』を守る為に徹底的に悪を断罪する男なわけですが、その正義とは世界政府の法律であるはずです。
五老星や天竜人達が正義なのではなく、法律こそが正義なんだろうと思います。
その法律は天竜人達が作ったものでしょうからタチが悪いわけですが…
オハラで一般市民を虐殺したのは万が一にも考古学者を取り逃がさない為の徹底的な行動だったわけですが、それがお咎め無しだったという事はサカズキのやった事は正義を守る上で間違いでは無かったと言えますね…

ボルサリーノはおそらく自らの意思でそこまでの事はしないかと思いますが、かつて冥王レイリーと対峙した際、見逃すわけにはいかないかというような事を言われて海賊の罪は消えないでしょうと答えていたところを見るに、引退して大人しくしていたレイリーはどんな立場になろうとも海賊だったという真実は変わらないと考えているようで、おそらく彼は真実がどうかで善悪を判断するタイプで真実に照らし合わせた正義を守るのが海兵の正しい在り方であると考えていそうに思います。

それも法律が絡んでくる事になると思いますから、やはりサカズキとは思想的にも重なるところがあるのでしょう…

ベガパンクが罪を犯した悪であるのは真実てすが、仲間だった事も真実であり、やはりボルサリーノの中にも葛藤はあるかと思いますが、海軍大将としの本文を曲げる事は絶対に無いでしょうね…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x