イッショウとアラマキの大喧嘩を止めたのは誰|ワンピース1089話以降考察

S 118980611 225x300 1

イッショウとアラマキの大喧嘩を止めたのは誰|今後の2人の関係性は?


イッショウとアラマキの大喧嘩を止めたのは誰だったのか?今後は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではイッショウとアラマキの大喧嘩についての考察を

イッショウとアラマキの大喧嘩を止めたのは誰|大喧嘩の理由について

 

イッショウとアラマキの大喧嘩を止めたのは誰だったのか?今後は?

甲塚
甲塚

聖地マリージョアでは緑牛アラマキと藤虎イッショウが大喧嘩をしたようですが、それは一体どうやって収まったのでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

大喧嘩の理由について

アラマキとイッショウは世界会議開催中の聖地マリージョアに居合わせた…
アラマキはマリージョアの警備の責任を負う立場からだったかと思いますが、イッショウはベガパンクの新兵器を見た後にマリージョアに寄っただけみたいでしたね…
イッショウはサカズキと喧嘩してルフィとローの首を取るまでは海軍基地の敷居を跨ぐ事を禁じられている身ですから、おそらくそれとは違う任務についていて、それが終わったから世界会議も開かれる事だしとマリージョアに物見遊山に来たのではないかと思います…

そこに革命軍の襲撃があり、二人は天竜人達を守る為に戦ったようですが、革命軍がマリージョアにいた奴隷達を解放した事に関してイッショウは奴隷達が逃亡するのを見逃したようですね…

アラマキが警備の責任者だったとしたら、天竜人達の財産とも言える奴隷達が逃亡するのを見逃すという行為は自分に不利益を与える事ですし、普通に裏切り行為ですから怒って当然…!

イッショウの行動は人間としては正しい行為だとは言えますが、海軍大将としては仕事の放棄ですし妨害ですし裏切りですから、おそらくそれなりの覚悟を持ってやった事だと思います。

二人はそれで大喧嘩になったようですが、あの二人の大喧嘩は普通に殺し合いになってくるはずですし、それを止められる人間は非常に少ない…

近寄れば巻き添えをくって命を落としかねないわけですが、簡単に収まりがつくなら始めから喧嘩なんかしないでしょう…

誰か彼らと同等以上の力を持つ存在がやってきて止めない限りは、どちらかが死んでいたかマリージョアがめちゃくちゃになっていたかじゃないかと思いますが、止められる力を持つとすれば、やはりサカズキなんでしょうか?

あるいはガーリング聖が…?

現役の海軍大将同士の喧嘩なんか誰も関わりたくないでしょうし、当時ガープがあそこにいたとしてもガープなら爆笑して更に煽ったりしているでしょうし、その後のイッショウが頭に包帯を巻いていたりじしたから、おそらくイッショウか誰かにボコボコにされて喧嘩は終わったんじゃないかと思うのですが…

サカズキ?ガーリング聖?

世界政府や海軍で二人を止められる力を持つのはサカズキ、ボルサリーノ、ガープ、あとはガーリング聖くらいじゃないかと思います。

ルッチあたりではおそらく止めるのは困難でしょうし、自分の仕事ではないわけですから積極的に止めるような事は無かったでしょう…
アラマキと手を組んだなら止められたでしょうけどね…

個人的にはサカズキが出てきてイッショウをボコボコにして止めたという可能性が高いんじゃないかと思うのですが…
サカズキはクザンを倒していますし、今は二年前よりもかなり強くなっている可能性は高いと思います。

喧嘩両成敗ではなく、立場からすればイッショウが悪いわけですから、おそらく躊躇なくボコボコにして海楼石で拘束して牢屋にぶちこんだりしたんじゃないかと…

二人はその事件後、カイドウとリンリンが手を組んだ事が判明した時には普通に通信で会話していましたから、おそらくサカズキがイッショウを庇ったのではないかと思うのですが…

ガーリング聖に二人を止められる力があるとしたら、ガーリング聖ならアラマキと二人がかりで躊躇なくイッショウを処刑したんじゃないかと思いますが、イッショウが生きている事からガーリング聖が絡んでいるとしてもサカズキが命は助けた可能性が高いと思います。

貴重な戦力ですし、サカズキはなんだかんだと問題児であるイッショウの面倒を見ているようにも思いますから、彼がまだ海軍大将であるのはサカズキが彼を庇っているからだと思います。

そうだとしたら、アラマキはまだ収まりがついていなんじゃないでしょうか?

大いに遺恨が残る関係に?

イッショウはサカズキに庇われている可能性が高いと思いますが、アラマキはサカズキの事が大好きみたいですよね…

それは嫉妬心にもなるでしょうから、アラマキはかなり遺恨を引きずっているのではないでしょうか?

イッショウの行動は海軍大将として明らかに間違っていますからアラマキからすればイッショウが罰を受けないことに納得していかないでしょうし、サカズキがイッショウを庇うのも納得がいかない…

そう言う思いが単独でワノ国に向かった行動にも繋がっているのではないかとも思いますが、イッショウはおそらく自分の行動が間違っていたなんて一ミリも思っていないでしょう…

おそらく当分の間、二人が同じ作戦に参加したりするようなことはなく別々に動くような任務を与えられることになるでしょうが、二人の性格からして二度と信頼関係は生まれないのではないかと思います。

元々関係は良好な雰囲気だったとみえますが、思想は真逆なわけですし、どのみちいつかは大喧嘩になっていたでしょう…

おそらく決着がついていないだろう大喧嘩も、いつか決着をつける時がくるような展開になりそうな気がします!

二人の関係がこれからどうなっていくのか非常に楽しみですし、サカズキがそんな二人をどう使いこなしていくのかも楽しみ!

センゴクからは元帥は大変だろうといじられていましたが、今の情勢も含めてサカズキは本人もぼやいていたように本当に大変な時代に元帥になってしまったと思いますね!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x