呪術廻戦

呪術廻戦246話感想考察|日車が宿儺を魅了!

呪術廻戦246話感想考察|五条に並ぶ才能の原石! 呪術廻戦246話感想考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 この記事ではジャンプ最新3,4号に掲載されていた呪術廻戦246話の内容に感想をネタバレも含みますが考察も交え、 呪術廻戦246話感想考察|没収失敗   日車が宿儺を魅了!五条に並ぶ才能の原石! 甲塚 呪術廻戦第246話! 前回は虎杖の三審で真犯人が宿儺であると言う流れになり、ジャッジマンは宿儺に没収と死刑の判決を下すという展開が描かれましたが… 今回は第246話の内容と感想を書かせて頂きます! 没収失敗 前回、ジャッジマンは宿儺に没収と死刑の判決を下し、宿儺は術式を没収され、日車は処刑人の剣を手にしたわけですが、没収は対象が呪具を携帯していた場合、呪具を優先して没収するシステムになっており、宿儺は呪具を没収されただけで術式は健在! それにより、日車と日下部は宿儺の斬撃を浴びる事になってしまった! 日車は斬撃により血を噴き出しながら、自分の戦闘経験の少なさがこの結果を招いてしまったと感じているようですが、宿儺はまだ、虎杖の中にいた時に日車の領域のルールは理解済みと言っていましたよね… 宿儺は確信犯的に判決を受け入れていたように見えますから、このシステムの抜け穴としてハナからこうなる事を理解していた可能性が高いと思われます。 戦闘経験というよりは、知力の差であるように感じられ、やはり宿儺は底知れない『強さ』を持っているとあらためて感じさせられますが… しかし、宿儺の斬撃はあの『世界を断つ斬撃』ではなかったようで日下部がシン・陰流の簡易領域で宿儺の術式を薄めた事により、2人ともに傷は浅く、致命傷には至らなかったようです! 宿儺はこの急襲に対応した虎杖を含む高専側術師達全員の基礎的な呪力強化術が著しく上がっていると感じているようです。 おそらく、これは意外に楽しませてくれるのではないかと感じているのでしょうが、まだ虎杖の力の正体は掴めていないようでもありますね… 日下部は一瞬死んだかと思ったようですが、何とか対応できた事により宿儺の全ての斬撃が世界を断つ斬撃ではないという事がわかったのは大きいと考えているようです。…