呪術廻戦

呪術廻戦231話ネタバレ!|魔虚羅の五条の不可侵適応まであと僅か3カウント!

呪術廻戦231話ネタバレ!|五条のパンチが異常に痛い理由   呪術廻戦231話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ジャンプ最新36、37合併号に掲載されていた呪術廻戦231話の内容に感想をネタバレも含みますが、 呪術廻戦231話ネタバレ!|五条のパンチが異常に痛い理由   魔虚羅の五条の不可侵適応まであと僅か3カウント! 甲塚 前回は五条と宿儺の焼き切れた術式の回復の仕組みが語られ、二人はその後遺症を発症しながらも更に戦闘は激化する様子が描かれましたが… 今回は第231話の内容と感想を書かせて頂きます! 五条のパンチが異常に痛い理由 領域展開不可になった五条と宿儺は再び格闘戦に以降したわけですが、日下部は術師達にこの中でも五条に本気で殴られた経験がある奴はいるかと尋ねる… 日下部は自分が手を挙げながらそう尋ねているので、おそらく本人も経験があるのだと思いますが、パンダをはじめとする教え子達は本気で殴った事ならあるが当たらなかったと答えていますが、おそらく本気で殴られたらどんなぬ痛いんだろうと想像としているでしょうね… 乙骨と秤は本気でというか、無下限呪術を応用した打撃を受けた事ならあると答えるが、そのドン引き気味の表情から痛さが伝わってきますね… 日下部によると、五条は呪力で強化した拳に打撃の瞬間『蒼』を併用して吸い込みの反応を重ねているのだという… つまり、本気で殴られる者は五条のパンチをもらいにいくようや状況になるという事でしょうね… 秤もそれを理解しているらしく、単に威力が上がるだけじゃなくて普通に殴られているだけなのにカウンターをもらったような感覚になるのから最悪なんだと言っています。 まあ、そういう事になるんでしょうね… それは痛かったのかと尋ねられると、乙骨と秤は揃って吐いたと答える……