ワンピース

ワンピース1103話以降考察 |古代兵器ウラヌスとサターン聖の科学者発言

古代兵器ウラヌスとサターン聖の科学者発言|ウラヌスを復活させた男? 古代兵器ウラヌスとサターン聖の科学者発言について〜ウラヌスを復活させた男?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではサターン聖の科学者発言についての考察を 古代兵器ウラヌスとサターン聖の科学者発言|科学防衛武神にして科学者   古代兵器ウラヌスとサターン聖の科学者発言について〜ウラヌスを復活させた男?〜 甲塚 ワンピース第1102話ではサターン聖が自らも科学者である事を口にしていましたが、それはやはり、ルルシア王国を滅ぼした兵器との関係を示唆しているのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   科学防衛武神にして科学者 サターン聖は五老星と呼ばれる世界政府の頂点にある政治家であるわけですが、肩書きは『科学防衛武神』でした。 現実世界で言えば『科学防衛大臣』になるのでしょうが、『大臣』ではない意味は大臣という肩書きにはそれ以上の上がいる意味がありますから、それを連想させてはいけないという意味があると共に、天竜人は神であるわけで、サターン聖は科学防衛という分野を司る神だという事と、また、世界政府の法と秩序を守る為には武力を用いることにも躊躇しない神であるという意味で『武神』という肩書きになっているのだろうと思います。 また、政治家であるわけですから必ずしも本人が科学者である必要はないかと思いますが、サターン聖はベガパンクに対して自分も科学者であると口にしています。 実際、サターン聖が科学者としてどれほどの知識と技術を持っているのか分からないですが、イム様がマザーフレイム使用を所望した際にはサターン聖が調整の為に少し時間がかかると返していましたから、サターン聖はルルシア王国を滅ぼした、おそらく古代兵器ウラヌスと思われる兵器の管理を担当しているのは間違いないものと思われます。 マザーフレイムというものがどんなものか詳しく語られていないのと、ドラゴン達がベガパンクが大量破壊兵器を作るわけがないと言っていた事から、個人的にマザーフレイムはウラヌスを動かす為の動力源に当たるものなんだろうと考えています。 だとしたら、サターン聖は古代兵器ウラヌスにマザーフレイムという動力源を組み込んだ本人だろうと思え、それができるという事は古代の科学についての知識と技術を持っている可能性が高いと思います。 つまり、ベガパンクも知らないような事を知っている可能性があると思えるんですよね… サターン聖は古代科学の研究者?…