ワンピース

ワンピース1102話考察 |バーソロミュー・くまの人生

バーソロミュー・くまの人生|世間から暴君と呼ばれた聖人 バーソロミュー・くま!世間から暴君と呼ばれた聖人の人生についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では第1102話にて終わりを迎えたくまの人生についての考察を バーソロミュー・くまの人生|くまの少年時代について   バーソロミュー・くま!世間から暴君と呼ばれた聖人の人生について 甲塚 ワンピース第1102話では、ついにくまが自我と思考を奪われ事実上の死を迎えたわけですが、彼は自分の人生に満足していたようですね… 今回はくまの人生について色々と書かせて頂きます!   くまの少年時代について くまは4歳から天竜人の奴隷として働かされていたようですが、偶然、他の天竜人の奴隷として働かされていた父と再会した際、自分のご主人様は優しくてラッキーだと言っていました… 未だにあのセリフが頭に残っているのですが、くまは何を持ってご主人様を優しいと認識していたのでしょうか? 他の天竜人よりはマシだと言えるような人物だったのかも知れないですが、4歳の子供を奴隷として扱う人間に優しさなんかあるのでしょうか? 革命軍のコアラは天竜人に折檻され泣いた子供が殺されるのを度々見せられた為に心が壊れてしまっていたようで、生きる伸びる為に笑顔を貼りつけて生活していたようですが、くまの場合は物心つく前から奴隷生活していたわけですから完全に感覚が狂っていたのでしょう… しかし、おそらくは目の前で父親を射殺された事で感覚が正常になったのではないかと思いますね… 常に死と隣り合わせと言える『天竜人の奴隷』という立場を理解した瞬間、くまは壮絶な恐怖と孤独を感じたのではないかと思います… くまの少年時代は『死んだ方がいい世界』の只中にあったと言えますが、ゴッドバレーではニキュニキュの実の能力を手に入れた事でサターン聖に、その能力を使って自分のように苦しむ人を助けたいと言っていました。 そこがくまの凄いところなんですよね!…

ワンピース

ワンピース1102話以降考察 |ボニーは麦わらの一味10人目!?

ボニーは麦わらの一味10人目!?|夢と役割りは? ボニーは麦わらの一味10人目となるのか?〜夢と役割りは?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではボニーの麦わらの一味入りの可能性についての考察を ボニーは麦わらの一味10人目!?|父の愛に紡がれた人生   ボニーは麦わらの一味10人目となるのか?〜夢と役割りは?〜 甲塚 ワンピース第1102話ではボニーが父親の過去と想いを知り、慟哭していましたが、彼女は父親の愛によって紡がれた人生をどう生きるのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   父の愛に紡がれた人生 ボニーの人生は父親の愛によって紡がれたものだと言って過言ではないですよね… ボニーはジニーが命懸けで聖地マリージョアからソルベ王国まで連れ帰ったわけですが、それは余命わずかのジニーがボニーに与えられる最大の愛だったはずです。 ジニーは天竜人の妻にされ、青玉鱗を発症し天竜人に捨てられていますが、ボニーをソルベ王国に連れ帰る事ができていなかったならボニーは死んでいたか奴隷にされていたでしょう… くまはジニーの意思を継ぎ、ボニーを娘として育てたわけですが、ボニーはジニーが作り出した蚕の繭みたいなもので、くまはそれを紡ぎ意味のあるもの…糸にしたというような気がします。 繭は繭そのものには人間にとって価値や意味はないように思いますが、それを糸にする事によって人にとって価値と意味が生まれる… 親は子が育てるという事は、世の中に対して価値と意味がある存在にするという側面もあると思いますが、その根元には必ず子供に対する愛情があるはずですよね! 愛おしいからこそ、長く大変な仕事である子育てができる…! そう思いますし、ボニーは父親くまの全てを捧げて悔い無しという愛情によって命を永らえているわけですから、ボニーはやはりくまがその人生を紡いだと言えるでしょう……

ワンピース

ワンピース1102話考察 |ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?

ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?|親子とも解放の戦士? ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?〜親子とも解放の戦士?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではドラゴンとルフィについての考察を ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?|息子の成長ぶりを確認?   ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?〜親子とも解放の戦士?〜 甲塚 ワンピース第1102話では、ドラゴンがローグタウンにルフィの様子を見にいくシーンが描かれていましたが、ドラゴンもニカについて知っているのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   息子の成長ぶりを確認? 第1102話ではドラゴンはサボ達に理由も告げずローグタウンに行くと言って出かける姿が描かれましたが、その理由はやはりルフィとしか考えられないですよね… しかし、当時の本拠地であるバルティゴから東の海のローグタウンにまで行くにはかなりの距離があるのではないかと思います。 また、理由も告げず単独で行動するのは、やはり、くまに『子は弱点になる』という理由で家族の存在について話すのを拒否していたのと同じ理由だと思いますが、やはり息子の成長が気になったのでしょうか? 過去に、ドラゴンはルフィには自分の影響を与えずに、いい意味で何色々でもない何者でもない純粋なモンキー・D・ルフィとして成長して欲しいからこそ、手元に置いて育てず、また自分が父だと名乗り出る事もしなかったのではないかと思います。 ルフィは後にガープからドラゴンが父であると聞くまで自分に父親がいるという事も全く考えた事が無かったようですから、おそらくフーシャ村の人々もルフィの親については全く話したりしなかったのでしょうね… 12年前にゴア王国で見たルフィはまだ小さな子供だったわけで、やはり成長したルフィの姿を見たいと思うのは当たり前の感情だと思いますが、気になるのはドラゴンもルフィを何らか特別な存在であると認識しているらしきところですね… ドラゴンは数年くまと一緒にいたわけですし、くまはベガパンクにもニカについて話していますから、少なくともドラゴンとイワンコフあたりならニカの話を聞いていておかしくない… また、ドラゴンが12年前にルフィを見た際にはすでにゴムゴムの実の能力者だったわけですが……

ワンピース

ワンピース1102話感想考察!|くまはルフィにニカを見ていた!

ワンピース1102話感想考察!|くまがボニーとルフィに託した思い ワンピース1102話感想考察!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ジャンプ最新4,5号に掲載されていたワンピース1102話の内容に感想をネタバレも含みますが考察も交えて、 ワンピース1102話感想考察!|ルフィ世代海賊デビュー ワンピース1102話はボニーが海賊としてデビューし活動をしているシーンからです。 ボニーは悪党からしか物は奪わなかったのですが、ボニーが倒した相手はボニーの悪魔の実の力で老人か子供に変えられていたのでボニーは老人や子供に手を出す海賊だと思われ懸賞金が上がっていったようですね。 そして同時期にルフィも海賊デビューを果たしアーロンを討ち取り名を上げていきます。 ドラゴン、エースなどはルフィが海賊として有名になっていくのを情報としては追っていたようで、くまもボニー同様ルフィも追い続けるようになります。 この時ルフィを陰で追い続けていたくまはルフィをニカのように戦うと評しベガパンクに話していました。 スリラーパークでルフィたちを見逃したのもドラゴンの息子だと言うのもありますが自分自身の期待も込めていての事だったのでしょうね。 そしてくまには頂上戦争への七武海としての招集がかかります。 ボニーはこの時シャボンディ諸島まで航海を進めてきていました。 ルフィとボニーはほとんど同じ時期に海賊として名を挙げていたようですが、キッドやローはすでにそれぞれの海でそこそこ名を轟かせていた事を、エースがヤマトに語っていましたよね… ルフィとボニーはそれよりも後に海賊デビューし、まさに破竹の勢いという感じで世間から認知されるようになっていった… ボニーもおそらくはルフィのように名のある海兵や海賊の1人2人くらいは倒しているのでしょうが、それはもう語られるような事は無さそうですよね… ずっと気になっているのですが、ギョギョ達は今どうなっているのでしょうか? 新世界入りしてすぐ、ボニーはティーチに敗れて捕虜になり、ティーチからサカズキに身柄が渡っていますが、ボニーはまた世界政府に捕まって脱獄しているから今エッグヘッドにいるのは分かるとして、ギョギョ達は今、どこかの監獄にいたりするのかな? ボニーが1人で行動していたという事はそういう事になっている可能性が高いわけですが、仮に一緒に脱獄しているならソルベ王国に帰国しているのか? 監獄にいる可能性が高いと思いますが、もしそうだとしたら、ボニーは彼らの助けで再び脱獄できたのかも知れないですね……

ワンピース

ロックスの『一つの儲け話』とは何だったのか?|ワンピース考察

ロックスの『一つの儲け話』とは何だったのか?|最果ての島の財宝? ロックスの『一つの儲け話』とは何だったのか?最果ての島の財宝?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では白ひげとロックスについての考察を ロックスの『一つの儲け話』とは何だったのか?|ロックス海賊団の体質について   ロックスの『一つの儲け話』とは何だったのか?最果ての島の財宝? 甲塚 ロックス海賊団はロックスが『一つの儲け話』を餌に海賊達を集めて結成されたようですが、その儲け話の内容が気になりますよね… 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   ロックス海賊団の体質について くまの過去編の中で描かれたゴッドバレー事件の序盤、導入部みたいなエピソードにてロックスと白ひげ達との関係がまた少し詳しくわかりましたね… カイドウの過去編でリンリンはロックスと『手を組む』という表現をしていましたが、くまの過去編では白ひげも『いつからお前の部下になった!?』と発言し、シキは白ひげに対して『リーダーぶるな』みたいな事を言っていますから、ロックス海賊団は上下関係というものがなく、あくまで目的を同じくする同盟みたいな関係だったような雰囲気… その同盟の発起人にして盟主がロックスであるという事なんでしょう… また、全員そうではなかったと思いますが、グロリオーサなんかは自前の九蛇海賊団の船を持っているようですから、おそらく自前の海賊団を有する船長という立場でロックス海賊団に入っていたようです… それからしても、やはりロックス海賊団は実質は海賊同盟だったというのは間違いないのではないかと思います… しかし、ゴッドバレーでの様子を見るに白ひげ達はロックスの船に乗り行動を共にしていたようですから、普段は別個に活動しているが、何か大きな行動をする時には同盟というよりは一つの海賊団として動いていたんでしょうね… また、ロックスには目的を見失うような暴走癖があったようで、白ひげはそれにウンザリしていたようですが、そんなロックスを盟主として従っていた理由は、おそらくロックスの儲け話にあったのではないかと思います。 絶対に他人に従うようなタイプではない海賊達が集まり、ロックスを盟主として活動するほど魅力的な儲け話だったんだろうと思えますが、それは一体どんな内容だったのでしょうか?…

ワンピース

イム様と五老星は何故ニカの覚醒までルフィを放置した?|ワンピース考察

イム様と五老星は何故ニカの覚醒までルフィを放置した?|ニカはイム様でないと倒せない? イム様と五老星は何故ニカの覚醒までルフィを放置したのか?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではイム様とルフィについての考察を イム様と五老星は何故ニカの覚醒までルフィを放置した?|ゴムゴムの実強奪事件   イム様と五老星は何故ニカの覚醒までルフィを放置したのか? 甲塚 イム様と五老星はルフィがゴムゴムの実の能力者であり実の正体を知っていたはずですが、何故覚醒するまで放置してきたのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   ゴムゴムの実強奪事件 13年前、世界政府は世界のどこかでゴムゴムの実を発見し、当時CP-9だったフーズ・フーがそれをどこかに護送する任務を与えられたものの、その護送中に赤髪海賊団によってゴムゴムの実が強奪されてしまった… 世界政府は数百年ゴムゴムの実を捜索し、ようやく入手したわけですから、任務に失敗したフーズ・フーが投獄されてしまうのもわかるわけですが、それはさておき、赤髪海賊団に実が奪われた時点で誰かがそれを食べている可能性は極めて高くなりますよね… 世界政府はその後、ゴムゴムの実の入手を諦めたのでしょうか? 取られたものは取り返す…それは海賊も世界政府も同じではないかと思いますが、相手が赤髪海賊団という事で諦めざるをえなかったのか? 数百年も探し続けて簡単に諦めるのも非常に気になるところですし、また、イム様と五老星はその実の正体を知っているわけですから、余計に怪しく感じられます… もしかしたら、イム様は諦めたのではなく誰かが食べてしまって、その人間が世に出てくるのを待つ事にしたのかも? 世に出てこなければ、その人間は能力を覚醒させる可能性はなく、世に出てきた人間ならば可能性ありと考えて待つ事にしたのではないかと思います… ルフィの快進撃について…

ワンピース

シャンクスはワンピースよりゴムゴムの実入手を優先した!?|ワンピース考察

シャンクスはワンピースよりゴムゴムの実入手を優先した!?|ロジャーからの宿題? シャンクスはワンピースよりゴムゴムの実入手を優先した?〜ロジャーからの宿題?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではシャンクスとワンピースについての考察を シャンクスはワンピースよりゴムゴムの実入手を優先した!?|バギーと喧嘩別れした理由   シャンクスはワンピースよりゴムゴムの実入手を優先した?〜ロジャーからの宿題?〜 甲塚 シャンクスはロジャーの処刑後にワンピースやラフテルを目指すつもりはないと言いバギーと喧嘩別れになったわけですが、何故そうしたのかは明言されていないですね… 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   バギーと喧嘩別れした理由 バギーは兄弟のように育った海賊として優秀すぎるシャンクスこそロジャーの後を継ぎ海賊王になる男だと思い、自分の夢を重ねていたわけですが、シャンクスはロジャーの処刑後にワンピースやラフテルを目指すつもりないといい、バギーはシャンクスに裏切られたように思えて喧嘩別れしたわけですが… シャンクスが何故、ワンピースやラフテルを目指さないのかという理由は明かされていませんね… シャンクスはゆっくりと世界を見てまわるつもりだとも言っていましたが、バギーはそんな悠長な事を言っていたら白ひげをはじめとする四皇級に全部持って行かれてしまう… シャンクスが白ひげ達との戦いから逃げたのだとも感じたのかも知れない… 2人はまだ子供だったわけですから、絶対に白ひげ達より上をいく事はできなかっただろうと思いますし、バギーも当然それをわかっていた と思いますが、シャンクスはやるべきことから逃げたり投げ出したと感じた… しかし、シャンクスがそんな事をするわけないですよね…! シャンクスはやはり自分に力が足りない事はわかっていたでしょうし、おでん様が言っていた『20年以上後』の意味も理解していた……

ワンピース

ナス寿郎聖の刀は初代鬼徹なのか?|ワンピース考察

ナス寿郎聖の刀は初代鬼徹なのか?|鬼徹と光月家の関係は? ナス寿郎聖の刀は初代鬼徹なのか?鬼徹と光月家の関係は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではナス寿郎聖と初代鬼徹についての考察を ナス寿郎聖の刀は初代鬼徹なのか?|イーザンバロン・V・ナス寿郎聖   ナス寿郎聖の刀は初代鬼徹なのか?鬼徹と光月家の関係は? 甲塚 五老星の一人、イーザンバロン・V・ナス寿郎聖は常に一振りの大刀を持っていますが、あれはやはり初代鬼徹なのか? 今回はそれを中心にナス寿郎聖について色々と書かせて頂きます!   イーザンバロン・V・ナス寿郎聖 五老星の一人であるイーザンバロン・V・ナス寿郎聖ですが、彼は名前からしてもワノ国との関係を感じさせますよね… 過去にも色々と書かせて頂いていますが、ナス寿郎聖の名前は『カン十郎』と言う名前と同じカタカナと感じを組み合わせたワノ国の人間の名前の法則に則っているとは思います。 しかし、やはり気になるのは姓がイーザンバロンと欧米型であり、また、名前にVというアルファベットが挟まっているとこ… Vはナスと合わせてヴィーナス、金星を現す為のものであるのは明らかですが、個人的にはそれだけでなくV自体にも意味があって、イーザンバロン家の5世とかそういう意味もあるんじゃないかと思っていますが、あの和風イメージとナス寿郎という名前にイーザンバロンという姓は本当に不可解ですよね… 過去には元々は天月であり、世界貴族になった際に姓を改めたのではないかと書かせて頂いていますが、ワノ国がルーツだったり天月だったかどうかはさておき、姓を改めている可能性はあるかと思いますね… また、ワノ国と似た文化を持つ別の国がルーツだったりする可能性もあるかと思いますが、気になるのは彼が持っている刀… 以前から、あれが初代鬼徹じゃないかと言われていて、個人的にもそうだと思っていますが、妖刀と呼ばれる危険な刀であろうとも、おそらくはワノ国にとっては秋水のような国宝級の刀になるでしょうから、ナス寿郎聖がそれを持っているなら、やはりワノ国とは深い関わりがある可能性は高いと思います… また、初代鬼徹の作者である鬼徹は正体が不明ですが、光月スキヤキ様は天狗山飛徹として三代鬼徹は自分の作品だと言っていましたよね……

ワンピース

ドラゴンは親友くまの人生をどう考えているのか?|ワンピース考察

ドラゴンは親友くまの人生をどう考えているのか?|子は弱点になるの意味 ドラゴンは親友くまの人生をどう考えているのか?〜子は弱点になるの意味〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではドラゴンとくまの関係性についての考察を ドラゴンは親友くまの人生をどう考えているのか?|『子は弱点になる』になるについて   ドラゴンは親友くまの人生をどう考えているのか?〜子は弱点になるの意味〜 甲塚 ドラゴンはくまから彼の身の上に起きた事を聞いてはいるようですが、それについてどのように思っているでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   『子は弱点になる』になるについて かつて、くまはドラゴンにフーシャ村の少年はアンタの息子じゃないのかと軽い気持ちに尋ねたわけですが、ドラゴンは自分を殺したいなら話を続けろという厳しい態度を見せ、子は弱点になるとその理由を短く説明しました。 ドラゴンは否定はしていないわけですから、おそらくくまは少年がドラゴンの息子だと理解したかと思います。 くまは同じ父親として息子と離れて暮らすドラゴンの気持ちが気になったのだと思うのですが、ドラゴンはくまが想像するよりも子供を大切にしているのだと感じたのではないでしょうか? 過去にも書かせて頂きましたが、ドラゴンは革命家として活動している事からルフィを危険に巻き込まない事は当然として、ルフィには自由に育って欲しかった… 革命家ドラゴンの息子ではなく、いい意味で何者でもないモンキー・D・ルフィという個人として生き、成長する事を望んでいると、くまはそのように理解したのではないでしょうか? くまも革命軍でありバッカニア族という危険因子があり、ボニーとともに暮らすという事は危険に巻き込む可能性があるわけですが、くまは一緒にいてあげたいと言う思いが強く、そうしただけ… どちらが正しいと言うわけでもないわけですしドラゴンがくまとそう言うやり取りをした事を覚えていたかはわからないですが、結果的にくまは子供が弱点になり、自我と思考を失う事になってしまったとは言えますよね… ドラゴンは後に革命軍の仲間達にくまの身の上に起こった事について話しているようですが、それを語る際にどんな事を思ったのでしょうか…?…

ワンピース

ワンピース1102話以降考察 |サターン聖エッグヘッドに散る!?

サターン聖エッグヘッドに散る!?|くま自爆はあるのか? サターン聖エッグヘッドに散る!?〜くま自爆はあるのか?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではくまの自爆装置についての考察を サターン聖エッグヘッドに散る!?|くまの過去編とサターン聖   サターン聖エッグヘッドに散る!?〜くま自爆はあるのか?〜 甲塚 第1102話ではサターン聖がくまに自爆装置を組み込むようベガパンクに命令するようですが、それは誰もが望むだろう展開の伏線のように感じられます… 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   くまの過去編とサターン聖 くまの人生には天竜人が深く関わっていますよね… 生まれて間もなく一家全員が世界政府に捕まり奴隷にされ、くまも4歳から天竜人の奴隷にされていましたが、母親はおそらく過労死、父親は『うるさい』という理由でくまの目の前で射殺された… 大人になってからは最愛のジニーを奪われ、またボニーの病気を治す代償として自我と思考を奪われるという事実上の死を強いられた… くまの人生には天竜人…中でもサターン聖が更に深く関わっていますが、サターン聖はくまを目の敵にしているようにも感じられました… くま個人というかバッカニア族という種族に対して個人的な負の感情があったようにも感じられます… まだ子供だった頃のくまがニカのように人々を救いたいと言った時には、そんな考えを持つからお前達は滅びねばならないとくまを殺そうとしました。 それは他の五老星も同じ事を言い、同じ事をしようとしたかも知れないですが、サターン聖はやはり直接聞いたくまの言葉をずっと覚えており、それを許せなかったんじゃないかとも思いますね… 救われるべき立場である奴隷でありながら、それでも他者を救おうというくまの優しさがサターン聖には非常に憎らしく感じられたのではないかと……