ワンピース

ワンピース1102話考察 |バーソロミュー・くまの人生

バーソロミュー・くまの人生|世間から暴君と呼ばれた聖人 バーソロミュー・くま!世間から暴君と呼ばれた聖人の人生についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では第1102話にて終わりを迎えたくまの人生についての考察を バーソロミュー・くまの人生|くまの少年時代について   バーソロミュー・くま!世間から暴君と呼ばれた聖人の人生について 甲塚 ワンピース第1102話では、ついにくまが自我と思考を奪われ事実上の死を迎えたわけですが、彼は自分の人生に満足していたようですね… 今回はくまの人生について色々と書かせて頂きます!   くまの少年時代について くまは4歳から天竜人の奴隷として働かされていたようですが、偶然、他の天竜人の奴隷として働かされていた父と再会した際、自分のご主人様は優しくてラッキーだと言っていました… 未だにあのセリフが頭に残っているのですが、くまは何を持ってご主人様を優しいと認識していたのでしょうか? 他の天竜人よりはマシだと言えるような人物だったのかも知れないですが、4歳の子供を奴隷として扱う人間に優しさなんかあるのでしょうか? 革命軍のコアラは天竜人に折檻され泣いた子供が殺されるのを度々見せられた為に心が壊れてしまっていたようで、生きる伸びる為に笑顔を貼りつけて生活していたようですが、くまの場合は物心つく前から奴隷生活していたわけですから完全に感覚が狂っていたのでしょう… しかし、おそらくは目の前で父親を射殺された事で感覚が正常になったのではないかと思いますね… 常に死と隣り合わせと言える『天竜人の奴隷』という立場を理解した瞬間、くまは壮絶な恐怖と孤独を感じたのではないかと思います… くまの少年時代は『死んだ方がいい世界』の只中にあったと言えますが、ゴッドバレーではニキュニキュの実の能力を手に入れた事でサターン聖に、その能力を使って自分のように苦しむ人を助けたいと言っていました。 そこがくまの凄いところなんですよね!…