ワンピース

ワンピース1102話以降考察 |サターン聖エッグヘッドに散る!?

サターン聖エッグヘッドに散る!?|くま自爆はあるのか? サターン聖エッグヘッドに散る!?〜くま自爆はあるのか?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではくまの自爆装置についての考察を サターン聖エッグヘッドに散る!?|くまの過去編とサターン聖   サターン聖エッグヘッドに散る!?〜くま自爆はあるのか?〜 甲塚 第1102話ではサターン聖がくまに自爆装置を組み込むようベガパンクに命令するようですが、それは誰もが望むだろう展開の伏線のように感じられます… 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   くまの過去編とサターン聖 くまの人生には天竜人が深く関わっていますよね… 生まれて間もなく一家全員が世界政府に捕まり奴隷にされ、くまも4歳から天竜人の奴隷にされていましたが、母親はおそらく過労死、父親は『うるさい』という理由でくまの目の前で射殺された… 大人になってからは最愛のジニーを奪われ、またボニーの病気を治す代償として自我と思考を奪われるという事実上の死を強いられた… くまの人生には天竜人…中でもサターン聖が更に深く関わっていますが、サターン聖はくまを目の敵にしているようにも感じられました… くま個人というかバッカニア族という種族に対して個人的な負の感情があったようにも感じられます… まだ子供だった頃のくまがニカのように人々を救いたいと言った時には、そんな考えを持つからお前達は滅びねばならないとくまを殺そうとしました。 それは他の五老星も同じ事を言い、同じ事をしようとしたかも知れないですが、サターン聖はやはり直接聞いたくまの言葉をずっと覚えており、それを許せなかったんじゃないかとも思いますね… 救われるべき立場である奴隷でありながら、それでも他者を救おうというくまの優しさがサターン聖には非常に憎らしく感じられたのではないかと……