ワンピース

ワンピース1102話以降考察 |くまが眼鏡をかけるようになった理由

くまが眼鏡をかけるようになった理由|視力低下?能力の使い過ぎ? くまが眼鏡をかけるようになった理由は?視力低下?能力の使い過ぎ?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではくまが眼鏡をかけるようになった理由についての考察を くまが眼鏡をかけるようになった理由|子供の頃から弱視だった?   くまが眼鏡をかけるようになった理由は?視力低下?能力の使い過ぎ? 甲塚 くまは大人になってから眼鏡をかけるようになっていますが、理由は特に明かされていませんよね… 彼は視力が悪かったのか、あるいは他に何か意味があるのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   子供の頃から弱視だった? くまは子供の頃には眼鏡をかけていなかったのに大人になってから急に眼鏡をかけている事が多くなっていますが、その理由は語られていませんよね… もしかしたら、くまは子供の頃から弱視だったのかも知れないですね… くまは生まれて間もなく父親がバッカニア族だという事がバレてしまい一家全員が捕まって奴隷にされたわけですが、天竜人からの扱いを見るとロクな食事を与えられていなかった可能性が高いと思います。 くまは種族の特徴として身体が大きいわけですから普通の人間以上に多く栄養が必要だと思いますが、そういう状況だったとしてもくまは大きく成長しています。 もしかしたら、そちらに栄養が取られてしまい視力の発達に必要な栄養が不足していたのかも知れない… くまは比較的優しい天竜人の奴隷だったようですが、それでも奴隷の視力が低いから何かしてくれるような事もなかったでしょうし、眼鏡など与えてくれるわけもない… 仮にずっとそんな弱視の状態だったとしたら、本人にとってはそれが当たり前の状態であり、自分は視力が低いのだという事に気づいたのは大人になってからだったりしたのかも知れないなと思います。…