ワンピース

ワンピース1100話考察 |パシフィスタ計画の真の目的

パシフィスタ計画の真の目的|究極の最強兵士セラフィムの意味 パシフィスタ計画の真の目的は?〜究極の最強兵士セラフィムの意味〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではパシフィスタ計画の真の意味ついての考察を パシフィスタ計画の真の目的|七武海に代わる戦力   パシフィスタ計画の真の目的は?〜究極の最強兵士セラフィムの意味〜 甲塚 第1100話ではくまが改造されていく様子が描かれましたが、パシフィスタ計画には単純に戦力増強以上の意味があるような気がします… 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   七武海に代わる戦力 サターン聖はクローン兵士を『兵器』だと言っていましたが、それは天竜人からすれば自分達以外は全て奴隷であり、他者を支配し自分達を守る為の手駒としか見ていない証拠ですよね… 七武海も彼らにとっては手駒にしか過ぎなかったのは明白ですが、それでもやはり制御できない手駒でした。 今は制度が廃止されてしまったわけですが、おそらくクローン兵士計画のきっかけになっているのは七武海に代わる戦力…いや七武海以上の制御できる戦力を自前で作り出す事にあったのではないかと思います。 別記事にて七武海制度は海賊同士の潰し合いを誘発するような意味もあったんじゃないかと書かせて頂きましたが、それはもう誘発しなくてもそれが激化しているような状況にあり、将来的には潰し合いを生き残った強い海賊達に対抗しうる戦力を作っておく必要があると考えた… クローン兵士はサイボーグ化し制御できることを前提として企画立案されていると思いますが、それは海賊達を相手にして圧倒的な力を持っている必要があり、そうでないと作る意味はないというようなものでもあったかと思います… くまとくまのクローンをベースにパシフィスタが作る事ができたのは世界政府にとっては制御でき意のままに扱う事ができる七武海を作るというような目的の為には非常に有益だったはずでサターン聖がそれに拘ったのもよく分かるような気がします… おそらくサターン聖の頭の中には、七武海のクローンをベースにしたパシフィスタ軍団の構想がすでにあったのでしょう… 個人的に、五老星達は七武海制度に非常に強い拘りがあったように感じられるのですが、そろでいて制度が廃止されるにあたり全く何のコメントも無かったですよね……