ワンピース

ワンピース最終章考察 |世界各地に古代兵器の存在が知られている理由

世界各地に古代兵器の存在が知られている理由|一般常識なのか? 世界各地に古代兵器の存在が知られている理由は?〜一般常識なのか?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では古代兵器についての考察を 世界各地に古代兵器の存在が知られている理由|一般常識レベルの知識?   世界各地に古代兵器の存在が知られている理由は?〜一般常識なのか?〜 甲塚 ONE PIECE世界では古代兵器という存在が一般的にも知られているような雰囲気ですが、それは一般常識みたいなものなんでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   一般常識レベルの知識? ONE PIECE世界では『古代兵器』というワードが普通に通用しているような気がします。 現実世界ではアニメや漫画や映画、またオカルト分野なんかでは普通に出てきたりしますが、架空の存在であり、一般常識というような感じではないですよね… しかし、ONE PIECE世界ではオハラ事件の際に、空白の100年について研究し古代文字を解読できたオハラの考古学者達は世界を滅ぼす力を持つ古代兵器復活を目論んだテロリストだったというような事にされていましたし、それに付随する形でオハラの考古学者の生き残りであるロビンが『悪魔の子』と呼ばれて世界中から危険視されたという事からして、古代兵器という存在は一般常識みたいなものなんじゃないかと感じるんですよね… それを現実に置き換えてみるに、現実世界で国連やアメリア大統領あたりが古代兵器を復活させ世界を滅ぼそうとするテロリスト集団を残らず殲滅したというような声明を発したとしても、一般市民は『は?古代兵器?』と感じてしまいますよね… それは古代兵器というものは架空の存在であり実在しないと認識しているからであり、そんな声明を発しても『何を言ってるんだ?大丈夫か?』となりますよね……