ワンピース1092話以降考察 |ボルサリーノとベガパンクは何故友人になったのか?

S 120479746

ボルサリーノとベガパンクは何故友人になったのか?|やはり平和主義で共感?


ボルサリーノとベガパンクは何故友人になったのか?〜やはり平和主義で共感?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではボルサリーノとベガパンクが親友になった理由についての考察を

ボルサリーノとベガパンクは何故友人になったのか?|親友は傷つけてはいけないもの

 

ボルサリーノとベガパンクは何故友人になったのか?〜やはり平和主義で共感?〜

甲塚
甲塚

第1092話ではボルサリーノがラボ・フェーズに到達し、今は抹殺すべき対象となってしまった親友ステラと再会する展開が描かれるようですが…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

親友は傷つけてはいけないもの

ボルサリーノはラボ・フェーズに上がってきた際にサターン聖からの指示を復唱していましたよね…

傷つけてはいけないもの…ヨーク、融合炉、パンク・レコーズ…

それに加えて『本当は親友』と付け加えていました…

戦桃丸との戦いでもそうでしたが、ボルサリーノにとって、やはりステラと戦桃丸は親友であり、傷つけたくない存在であるというのが本心である事が明らかになっています。

第1092話ではボルサリーノはルフィを振り切り、ルフィ達が脱出に使おうとしていたベガフォース・ワンを破壊した上でラボ・フェーズに到達し、ステラの眼前に立ち、自分とて親友を傷つけるのは辛いのだから任務を長引かせないでくれというような事を直接ステラにいうようです。

ボルサリーノは自らを社畜と呼び、個人の感情よりも任務を優先する事を戦桃丸にも言っていたわけですが、ステラにも同じ事を言っているわけで、やはり戦桃丸を倒した事で精神的に参っているのか、ステラも早々に片付けてしまいたいのでしょうね…

ボルサリーノは立場的にも任務を失敗できないわけですから戦桃丸はともかくステラは絶対に抹殺しないといけない…
それはどうしようもできないわけですから、早く終わらせたいという気持ちは何となくわかりますが、そもそもボルサリーノとステラはどういう経緯で親友になったのでしょうか?

戦桃丸と出会った際にはすでに二人とも親友関係にあったような雰囲気がありましたが、親友だという事はお互いが尊敬し合い好きなところがあったからですよね…

二人は何で意気投合して親友になったのでしょうか?

やはり、過去にも書かせて頂いたように平和主義という思想が絡んでいたりするのかな?

平和主義という思想

ステラは22年前のオハラでドラゴンと再会した際にはすでに世界政府に雇われていたようですが、オハラの惨状を見て世界政府と戦える軍隊を作る決心をしたというドラゴンに、お前の本当の敵は天竜人であり世界政府ではないというような事とともに海軍にも話のわかる奴はあたると言っていました…

おそらく、その『話のわかる奴』とは、今にして思えばボルサリーノを指していたのではないかと思います。

親友になるという事は、やはりお互い自分が何を目指しているとか、何を大切にしているかというような世界観なり価値観について語り合っているはずですよね…

子供同士が親友になるというのは、またちょっと違うかも知れないですが、大人同士が親友になるという事については絶対にそういう語り合いみたいな事があったはず…

また、お互いがそういう世界観や価値観を貫いているというのを実際に見たりして確信しているからこそ信頼できるんですよね…

個人的に、二人が親友になったのは過去にも書かせて頂いたように二人が平和主義という思想を持っているからだと思っています。

ステラがそうであるのは彼の言動からして既に明らかなわけですが、ボルサリーノについてはまだ明確にそうであるというような言動は見られない…

しかし、ボルサリーノは基本的には争い事を好まないような性格であるのは何となく感じられますし、やはり『どっちつかずの正義』というのは過去にも書かせて頂いているように平和主義、悪く言えば日和見主義という感じがしますから、彼が海軍に入ったのも、悪を根こそぎ倒そうというのではなく、やはり平和を守りたいというような理由だったんじゃないかと思います。

ボルサリーノは天竜人に支配されている世界政府とその加盟国の今までの状態を『平和』だと定義していて、それを守る事を己の信念としており、それを守る為に必要ならば親友とて抹殺しなければならないというような考えを持っていて、彼は自分を社畜と表現していますが、ある意味、社畜に徹する事は彼が平和を守るという信念に基づいた事だと言えるかも…

しかし、そうだとしてもステラの想う平和とボルサリーノが想う平和には少しズレがあったのではないかと思います…

二人にとっての天竜人と平和

サカズキもボルサリーノも、また他の海軍将校達も、天竜人という存在に対しては絶対服従みたいな雰囲気ですよね…

サカズキとボルサリーノは五老星にクレームをつけたり自分の意思は貫くというような言動をしていますが、命令に対しては服従していますよね…

おそらく、天竜人という支配者の存在はどうしようもない自然の摂理みたいなものであり、天竜人という存在ありきで世界は平和や秩序を保ちながらやっていくしかないというような考えを持っているんじゃないかと思いますし、緑牛アラマキがワノ国で口にしていた暴言も世界の真実であり、それは彼らだけではなく世界政府加盟国の民衆全てに蔓延している風潮だろうかと思います。

確かに海賊達をはじめとする海賊達は許せない悪党達がほとんどであるわけですが、天竜人達も大して変わらない悪党ですよね…
民衆にしても海軍にしても悪党に支配されている状態を平和と呼び、それを守ろうとしているように見えますから、やはり歪であり、奴隷と生かされているだけの状態を平和な日常だと言っていたワノ国兎丼の囚人採掘場にいた囚人達と何ら変わらない…

ボルサリーノも天竜人という存在を嫌悪しながらも受け入れて天竜人ありきでの平和を守ろうとしている…

しかし、ステラは天竜人達を汚らわしいとまで言っているわけですし、彼が抱いている世界中の人々に無償でエネルギーを提供したりパンク・レコーズを共有するような夢は、おそらく天竜人達の権力を民衆が凌駕するような未来を作るという事であり、そこに本当に守るべき未来があるのだと考えていると思います。

ボルサリーノは『妥協と絶望の平和』であり、ステラは『挑戦と希望の平和』という感じがするのですが、ステラはその挑戦と希望のために今はまだ死ぬわけにはいかない…

二人はともに平和主義者でありながら、平和の定義がずれていた為に結局、親友ではいられなくなったわけですが、ボルサリーノが未だステラを親友と呼んでいる事からして、やはりボルサリーノもベガパンクが目指す未来が実現されるのを望んでいると思えるのですが、ステラが空白の100年の研究に手を出したのは、その未来を作り出す為に必要だったという事については知らないままになるかも知れないですし、ステラからそれを聞いたとしても、ボルサリーノがそれを許容する事はないでしょう…

ステラがそれをした事により、エッグヘッドに大艦隊がやってきて戦桃丸をはじめに罪の無い研究員達も大勢犠牲になり、ボルサリーノからすればステラは確実に平和を乱したわけですからね…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x