カイドウはゴッドバレー事件後に何故リンリンと袂を分かったのか?|ワンピース考察

カイドウはゴッドバレー事件後に何故リンリンと袂を分かったのか?|ワンピース考察

カイドウはゴッドバレー事件後に何故リンリンと袂を分かったのか?|人間不信

カイドウはゴッドバレー事件後に何故リンリンと袂を分かったのか?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では38年前にカイドウがリンリンと袂を分かった理由についての考察を

カイドウはゴッドバレー事件後に何故リンリンと袂を分かったのか?|カイドウの原点は人間不信?

 

カイドウはゴッドバレー事件後に何故リンリンと袂を分かったのか?

甲塚
甲塚

ルフィに敗れ死亡した事になっている、かつての四皇・百獣のカイドウはゴッドバレー事件後にリンリンと袂を分かっていますが、その理由は明らかになっていませんね…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

カイドウの原点は人間不信?

カイドウは北の海のウォッカ王国出身ですが、彼の過去編でも描かれたように、ウォッカ王国は世界政府加盟国ながらも産業というものがなく、他国を侵略する事によってお金を稼ぎ天上金を納めていたようです。

おそらく基本的に貧しい国であり、自転車操業的に戦争をしているような状態だったんじゃないかと思いますが、そんな国だけにカイドウは少年兵として大活躍していたようです。

しかし、カイドウの強さに目をつけた世界政府がカイドウを海兵として供出すればウォッカ王国に世界会議に出席できる権限を与えるという話を持ちかけてきて、ウォッカ王国の国王はそれに乗ってカイドウを差し出そうとしました…

それに対してカイドウは、これまで国の為に尽くしてきた自分が政治の道具としてモノのように扱われる事に激しい怒りと嫌悪を感じて逃亡し、お尋ね者になったわけですが、カイドウは元々孤児だったようですし、誰も頼らないというような性格でもあったように感じられますから、それも拍車をかけるような形で酷い人間不信になってしまったように思えます。

カイドウの人生の原点に人間不信があり、また海賊人生の原点にも人間不信があるのだとしたら、カイドウは筋金入りの人間不信であり、それが後にヤマトに対する教育方針にも現れているように思います…

人間不信は人間から甘さを消し去り人一倍強くするような要素にはなりそうですが、人間社会で他者を全く信じられないというのは悲しい事であり辛い事でもあると思います。

しかし、一から自前の海賊団を結成し、それを大きくしていく上で部下達との信頼関係を作る事ができているとは見えますから、カイドウは人間として器が大きく意外に器用だったように思いますが、何故、自分を実の弟のように扱ってくれたリンリンと袂を分かってしまったのでしょうか?

おそらくリンリンはカイドウにとって生まれて初めて心を許せるような存在だったんじゃないかと思うのですが…?

リンリンがキッドとローに倒された時には号泣すると共に激しい怒りを見せていましたから、カイドウは絶対にリンリンを大好きだったはずですよね…?

弱くなるのが怖かった?

リンリンはカイドウを実の弟のように思っていたようですが、その言葉と気持ちに嘘は無かったと思います。

リンリンはゴッドバレーでウオウオの実幻獣種モデル青龍を手に入れましたが、第1096話で描かれた内容を見ると、その実は読者側の想像を大きく超えるような非常に価値が高いものだっようですから、それを当時すでに何人もいた子供達に与えるでもなく、無償でカイドウに与えているわけですから、あのリンリンの性格からするに、それは奇跡的と思えるくらいに破格の待遇だったように感じられます。

リンリンはのちにカイドウに対してそれは一生の恩だと言っていましたが、リンリンの言い方は恩着せがましいにしても、間違ってはいないと思います。

おそらくカイドウもそれを恩に感じていたでしょうし、リンリンが自分を弟として扱ってくれている事も理解していただろうと思いますが、原点に人間不信があるだけに素直になれなかったところは確実にあるでしょうし、カイドウの個人の強さに対する拘りを見ても、おそらくはリンリンと行動を共にする事は弱さに繋がるというような感覚があったのではないかと思いますね…

自分がリンリンを守るんだというような方向に考えが行けば結果は変わったかも知れないですが、カイドウにとって姉…家族ができるという事は頼るものができてしまうという感覚になったのかも知れない…

誰にも頼らず生き抜く先にこそ『最強』があるというような考えに、当時のカイドウは縛られていたのかも知れない…

カイドウは自分が弱くなってしまうような可能性と向き合うことをせず、それから逃げてしまったのではないかと思います。

また、もしかしならロックスやロックス海賊団のクルー達からリンリンの腰巾着的な扱いを受けていたりしたのかも知れないですね…

それは第1096話でのリンリンとの関係性からも感じられますが…

リンリンを超える為?

ロックス海賊団在籍当時のロックス海賊団におけるカイドウの地位はリンリンの力に依存するところが大きかったのかも知れないですね…

おそらく当時からカイドウは怪物的な強さを見せていたとは思いますが、海賊としての力量はリンリンや他のクルー達とは雲泥の差があったんじゃないかとは思います。

強さと目的を達成できるかどうかとは、また別問題だと思いますからね…

もしかしたら、強いのは強いが、非能力者だった時代には能力者に対してはいいようにやられてしまうような面があったりしたのかも知れない…

リンリンはそんなカイドウの世話を焼き、カイドウがやばくなれば助けてやったりしていて、それをロックス達にいじられ、舐められていたような事もあったように思います。

そういう事があったとしたら、カイドウはリンリンよりも上を行く必要があり、リンリンと袂を分かったのは、自力で成長しリンリンと並び立ち、またリンリンを超える為だったのではないかとも思います…

結果、カイドウは自分一人、裸一貫から海賊として活動を始め、四皇にまで上り詰めたわけですから、それは立派であるように思いますが、ワノ国で再会し、手を組んだのは、やはり二人で海賊として世界の頂点にたち、その上でリンリンと決着をつける為だったんじゃないかと思います。

リンリンはカイドウを弟と呼んでいましたが、カイドウはリンリンを姉とは呼ばなかった…

しかし、もし二人が世界をとり、雌雄を決した際に自分が勝とうとも負けようとも、その時にようやくリンリンを『姉貴』と呼べたんじゃないかなぁと思っています。

カイドウの海賊人生は、実はリンリンを超えるためのものだったんじゃないかと、今はそんな風に思っています。

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x