モモの助が食べた人工悪魔の実について|ワンピース考察

モモの助が食べた人工悪魔の実について|失敗作でよかったの意味は?


モモの助が食べた人工悪魔の実についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。
いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。
この記事では、モモの助が食べた人工悪魔の実についての考察を、

モモの助が食べた人工悪魔の実について|ウオウオの実幻獣種モデル青龍のコピー

 

モモの助が食べた人工悪魔の実について〜失敗作でよかったの意味は?〜

甲塚
甲塚

今はワノ国の将軍となったモモの助が食べた人工悪魔の実はカイドウが食べた実のコピーの失敗作だったわけですが、失敗作で良かったというゲルニカのセリフの意味は未だ不明のままですよね…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

ウオウオの実幻獣種モデル青龍のコピー

モモの助がパンクハザードで空腹に耐えかねて食べてしまった実は、ベガパンクがパンクハザード研究施設所長だった時代にカイドウの血統因子から作ったカイドウが食べた『ウオウオの実幻獣種モデル青龍』のコピーである事がベガパンク本人の口からも判明しているわけですが、ベガパンクはそれを失敗作だとして世界政府へ引き渡さず保管していた事も明らかになっていますね…

失敗作である理由は『色が違う』という非常に些細な事であったようですが、何故ベガパンクがそれを判断できたかは謎で、おそらくは実の形状や色がオリジナルとは違うというような事が判断材料だったのではないかと思います…

実際に食べたモモの助は色違いながらもちゃんと龍に変身できますし、その特殊能力も徐々に開花し、カイドウが使っていた技を一つ一つモノにしていますから、将来的にはカイドウと全く差異が無いような形にはなるだろう事が予想されます…

しかし、気になるのは鬼ヶ島で殉職したらしきCP-0のゲルニカが言っていた『失敗作でよかった』というセリフの意味なんですよね…

ウオウオの実幻獣種モデル青龍は非常に強力な能力であり、カイドウ以外の人間が獲得しても充分に強力な能力だろうという事であり、それが世界政府の人間以外の手に渡れば厄介だというような意味である可能性が高いのかも知れないですが、あのセリフには何だかそれ以上の重みが感じられ、おそらく今も何か引っかかっているような読者の方も少なくないのではないかと思います…

ゲルニカ以外のマハとヨセフも、ゲルニカが何故そんな事を気にするのかと意味がよくわかっていないような雰囲気でしたが、ゲルニカにとっては何か重い意味があったのではないかと思うんですよね…

エッグヘッド編に入り、セラフィムと悪魔の実のコピー、またグリーンブラッドというような新たな要素が言及されたのを受けて、改めてゲルニカのセリフを意味が気になるんですよね…

悪魔の実のコピーは単純なコピーではないんじゃないか…?

人工悪魔の実はオリジナルにはない何か特別な要素があるんじゃないか…?

また、それは何らかの形ですでに実証されているんじゃないか…?

そんな風に思えてきますが、今のところベガパンクはそういう事には言及していない…

また、ベガパンクが悪魔の実のコピーやグリーンブラッドを発明する過程で、おそらく複数の悪魔の実のコピーが作られている可能性は高いと思うんですよね…

だとしたら、それは一体どこにあるのでしょうか?

神の騎士団と人工悪魔の実

ベガパンクが悪魔の実のコピーやグリーンブラッドを発明する過程で、モモの助が食べた実以外にも多くの失敗作、また成功したものも存在するはずだと思うのですが、そういうものがあるのだとしたら、それは一体どこにあるのか気になるところですよね…

少なくとも成功したものは世界政府に提出されている可能性が高いかと思います。

ベガパンクが発明したものは世界政府の予算を使っているわけですから、発明したものはベガパンクの私物ではなく世界政府のものであるはずで、世界政府のものであるなら、それは天竜人達のものになるはずですよね…

天竜人達は失敗作の人工悪魔の実になど興味ないでしょうが、成功したものについては話は別でしょう…

もしかしたら、そういう成功したものは神の騎士団に提供されているのではないかと思うんですよね…

天竜人達が積極的に食べると不味くデメリットもあるオリジナルの悪魔の実や人工悪魔の実など口にしないと思いますが、武人である神の騎士団メンバーならば話は変わってくるかと思います。

また、神の騎士団ならばやはり強力な能力を求めるだろうと思いますが、人工悪魔の実ならばある程度は獲得する能力を選択できることにもなりますよね…

この世にはまだ登場していないような強力な実が存在し、イム様や五老星を見るにそれは確実かと思いますが、やはり神の騎士団メンバーも強力な能力を持つ者が複数いて、それは人工悪魔の実を食べた結果かも知れない…

また、もしかしたら人工悪魔の実には思いもかけない副産物的要素がついていたりするにも感じられるんですよね…

ゲルニカはそれを見て知っていたのではないでしょうか?

モモの助が食べた人工悪魔の実について|人工悪魔の実の副産物的要素

◯人工悪魔の実の副産物的要素

過去に、カイドウの血統因子から作られた実は青龍の能力も含めてヒトヒトの実モデル・カイドウになってしまっている可能性について書かせて頂きましたが、それを元に考えるに、人工悪魔の実にはそれを作る方法と経緯からして思わぬ副産物的要素が付与されている可能性はあり得ると思います。

モモの助は大人になると父親であるおでん様からの遺伝か非常に頑丈になっていましたが、それについてはカイドウもそうでしたよね…

また、モモの助はカン十郎に捕まった際に逃げ出そうとしてボコボコにされてしまったわけですが、カン十郎が手加減していたにしても、8歳の子供がカン十郎のような猛者にあれだけ殴られて生きているのはちょっと不思議に感じられます…

ゾオン系能力は、獲得した時点で変身せずとも身体能力はアップしているように感じられますが、もしかしたら人工悪魔の実はそんな特徴が強調されていたりするのではないかとも思います…

つまり、人工悪魔の実は食べただけで能力に関係なく、人間の身体能力と耐久力を向上させるのではないかという可能性があるのではないかという意味なんですが、そうだとしたら、元々強い人間が食べると大変な事になりそうですよね…

仮に、それを神の騎士団の騎士が食べたとして、ゲルニカはそれによって恐ろしく強くなる様子を目撃したりしたのかも知れないなと考えています。

その副産物的要素は、ルナーリア族の特徴や、サンジのような外骨格に似たような耐久力性なんじゃないかと思うのですが、それにゾオン系能力やパラミシア系能力が付与されたなら恐ろしい力になりますよね…

ゲルニカのセリフに重要なって意味があるのだとしたら、そういう要素があるのではないかと思えるのですが、そんな要素があるにしても何か余計なデメリットがついてくる可能性はあるかとも思います…
感情に影響があるとか…

人工悪魔の実が単なるコピーである可能性の方が高いと思いますが、元々不自然な存在であるものを更に人の手でコピーしているわけですから、何があっても不思議じゃないですよね…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x