モリアとスリラーバーク海賊団の今後|ワンピース考察

モリアとスリラーバーク海賊団の今後|モリア激痩せで強化復活?


モリアとスリラーバーク海賊団の今後は?〜モリア激痩せで強化復活?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではモリアとペローナの今後についての考察を

モリアとスリラーバーク海賊団の今後|ハチノスからの脱出は成功したのか?

 

モリアとスリラーバーク海賊団の今後は?〜モリア激痩せで強化復活?〜

甲塚
甲塚

ガープが生死不明となったハチノスの戦いの裏ではペローナによるモリア救出作戦も実行されていたわけですが、脱出は成功したのか?
また、モリア達の今後は?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

ハチノスからの脱出は成功したのか?

ペローナはホロホロの実の能力を駆使してハチノスに潜入し、捕まっているモリアを発見したが、モリアが監禁されている牢屋の手前にはコビーの牢屋があり、コビーも解放してやるから奥にいるモリアを解放しろといい、コビーもそれに応じた…

という流れがコビーの回想として描かれていました…

あの流れを見るに、おそらくモリアはペローナが助けに来てくれた事にさえ気づけないくらいに弱っていた可能性が高いと思います。

モリアはスクープを求めてハチノスに潜入したアブサロムが帰らない為に何かあったと察してアブサロムを助けにハチノスに乗り込んだわけですが、アブサロムは殺害されデボンに能力を奪われており、その上でティーチから部下になるように勧誘されていたわけですが、部下…というより家族を殺されたモリアが勧誘に応じず激怒して暴れたというのは想像に難くなく、おそらくモリアは瀕死に近い状態で海楼石をつけられて水や食糧も与えられず、死ぬか部下になるかをティーチから迫られているような状況だったのでしょう…

すぐに殺害して能力を奪っていないところからしてティーチはモリアの実力を高く評価していたのだと思いますが、おそらくモリアには勧誘に応じる…家族を殺した仇の軍門に降る意思は全くなく、そのまま死ぬ事を覚悟していたような状況だったかと思います。

しかし、ペローナの能力ではモリアを島から運び出すのは難しいかったんじゃないかと思え、モリアには脱出するくらいの力は残っていたら可能性もあるでしょうが、何より娘のようなペローナが助けに来てくれたのが死にかけていたモリアを元気にしたのかも?

ペローナが来てくれて島から脱出できないとなればペローナの身まで危険になるわけですし、ペローナを守る為にモリアは気力で島から脱出したのではないかと思います。

また、モリアは牢屋に入れられていた弱っていたのは間違いないと思いますが、それにより激痩せしている可能性もあるのではないでしょうか?

激痩せで以前の力を取り戻す?

モリアは23年前にワノ国でカイドウと戦ったようで、それに敗れたようではありますが、カイドウと渡り合った海賊と呼ばれており、モリアの武勇伝の一つになっているようです。

当時のモリアは痩せており、かなり強そうに見えますが、若い頃のモリアを知る海賊達の話からしても、おそらく本当にカイドウと渡り合うような素の戦闘能力を持っていたのだろうと思います。

しかし、おそらくカイドウとの戦いに敗れ部下達を失い、部下を失う辛さを二度と味わいたくないと自力本願から他力本願となり、能力に頼りきりになるようになってしまったようで、モリアは太ってしまい、カイドウと渡り合っていた時のような戦闘能力を失っていたようです。

しかし、他力本願になった結果、モリアは格下だったルフィに敗れ、ドフラミンゴに抹殺されかけ、その都度部下達に助けられ支えられてきたようですが、結局アブサロムを失い、その仇すら討つ事ができなくなっていた…

モリアがハチノスから無事脱出し助かったならば、もう一度再起しない事にはアブサロムとペローナに対しても男がすたりますし、このまま表舞台から消え去る事にモリア自身が耐えられるとも思えない!

形はどうあれ、モリアはやはりもう一度再起するだろうと思います。

また、本当に激痩せしたりしているなら、傷を癒やし体力を回復させながら、もう一度己を鍛え直すんじゃないかと思いますね!

カゲカゲの実の能力に覇気が伴えば、やはりモリアは相当強いはずだと思いますし、これから何をするかと考えると、ティーチと黒ひげ海賊団は仇になるでしょうから、やはりリベンジに挑戦するのではないかと思います!

再登場時にはかなりビジュアルが変わっていたりするんじゃないかと期待しますし、どんな風にティーチに絡んでくるか楽しみですよね!

ティーチへのリベンジは?

モリアがティーチに勝てるかと考えると現実を見るに不可能かと思います…

しかし、ティーチと黒ひげ海賊団の活動の邪魔はできるかと思いますし、それでもティーチを倒す事に拘るならばクロス・ギルドと手を組む
のも一つの手なんじゃないかと思います。

スリラーバーク海賊団がクロス・ギルドに加入するなら、モリアはやはり戦力になるでしょうし、やはりペローナの能力は海軍と戦うにも海賊と戦うにも大勢の敵を一気に無力化できるのは非常に有効ですよね…

モリア、クロコダイル、バギーがティーチには勝てないにしても、ミホークなら勝てる可能性はあるでしょう!

モリアの場合、ティーチを倒すのには不利な能力者であるわけですから、ティーチを倒すにはそのレベルの実力を持った非能力者である必要があると思いますから、ミホークは持ってこいの人物ですよね…

クロコダイルとミホークは不必要な戦いは避けたいという考えみたいですが、バギーの望み通りワンピース獲りに動き出すとしたら、やはりロード・ポーネグリフは必要ですし、敵から奪うしかないなら、やはり他の四皇との戦いは避けられないわけですしね…

しかし、それでもやはり他力本願にはなってしまいますよね…

かつての自力本願を取り戻し、貫くか、自力と他力を両立した新たなスタイルを確立するのか…

その場合は何か強力なゾンビを生み出して、それだけに戦わせるのではなく、一緒に戦うというスタイルになるんじゃないかと思いますが…

能力の覚醒の可能性もあり、それが新しいスタイルを決めるような可能性もあるでしょうからね…

もしかしたら、ティーチを倒すには至らなくても、一泡吹かせるくらいの事はできるかも知れないと思っています!

モリアが激痩せ復活して、再び暴れ回るような展開を期待したいですね!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x