ワノ国は『開国』したらどうなるのか?|ワンピース考察

ワノ国は『開国』したらどうなるのか?|ワンピース考察

ワノ国は『開国』したらどうなるのか?|プルトンに居住?


ワノ国は『開国』したらどうなるのか?〜プルトンに居住?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワノ国と古代兵器プルトンについての考察を

ワノ国は『開国』したらどうなるのか?|前ワノ国と後ワノ国

 

ワノ国は『開国』したらどうなるのか?〜プルトンに居住?〜

甲塚
甲塚

ワノ国には古代兵器プルトンがあり、プルトンの復活はワノ国の開国と同義だという事をスキヤキ様は言っていましたが…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

前ワノ国と後ワノ国

ワノ国の開国について考える前にワノ国の歴史について考えてみたいと思います。

ワノ国近海は海面から非常に高い位置、おそらく海面から数百メートルくらいの高さに位置にしており、その海面までは滝になっていて正規ルートを通らないと船で滝登りするか空を飛ぶしかワノ国近海に上がる方法はないという奇妙奇天烈な地形にありますが、その成り立ちは既に説明されていますね…

800年前までワノ国は普通の島国と存在していましたが、ある時、島を囲むように壁が作られて、そこに雨水が溜まり始めて人々は国土を捨てねばならなくなり、島の中央に存在する藤山の中腹に新たな国土が作られて、人々はそこで生活にするようになり、それが現在のワノ国になった…

ワノ国には古代兵器プルトンが隠されているわけですが、壁が作られたのは無論プルトンを隠し誰の手にも渡さない為に守る為であったのは間違いないと思われます…

個人的に800年前のワノ国を前ワノ国、現在のワノ国を後ワノ国と呼んでいるのですが、後ワノ国から前ワノ国は長い長い階段で繋がっていて、ロビンとローはスキヤキ様の導きでその階段を降り前ワノ国を目撃したわけですが、前ワノ国は全く以前のまま残されているような感じでしたね…

スキヤキ様はプルトンはあるが一度も見た事がないと言っていました…

また、プルトンを復活させるには作られた壁を吹き飛ばす必要があり、おそらくそれにより少なくとも後ワノ国は吹き飛ぶはずですが、スキヤキ様はそれこそがこれまで鎖国してきたワノ国の『開国』であると言っていました…

壁と後ワノ国が吹き飛んだなら、前ワノ国が再び日の光を浴びる事になると思いますが、永らく水中に没していたわけですから、すぐに人が住めるようにはならないでしょうし、これまで特殊な地形が海外からの侵略を阻む要素になっていたと思いますから、ワノ国は剥き出しという形になってしまいますよね…

スキヤキ様さえ見た事がないというプルトンがどこに隠されているのかわからないですが、藤山の中腹より下に隠されている可能性は高いと思いますし、それならプルトンの復活は藤山も吹き飛ばしてしまう可能性もあり、そうなると前ワノ国もただではすまないでしょう…

開国が果たされた後、ワノ国の民衆はどこで生活するようになるのか?

プルトンが新たなワノ国に?

大昔のワノ国の民衆はプルトンを隠し守る為に自分達の国土を犠牲にした事になると思いますが、それは本当に悲壮な覚悟ですよね…

しかし、その覚悟は現代の人々には伝わっておらず、今、開国するにあたり国土を失うというような説明を受けたにしても受け入れる事ができるのか疑問です…

そこまでしなければならない理由まで説明されて、それを理解したとしても、やはり受け入れ難いと思います。

しかし、ワノ国の民衆は先祖を大切にする文化を持っていますし、やはり光月家に対する信頼は絶大でしょうから、迷いはあろうとも民衆はモモの助に従うのではないかと思います。

しかし、やはり生活する場を失うなら、どこで生活すればいいのかという事になりますが、個人的には古代兵器プルトンが新たな国土…第三のワノ国そのものになるのではないかと思います…

古代兵器プルトンは造船史上最悪の化け物であり人間に作る事ができるのかというくらいの戦艦である事は明らかになっていますが、それは艦内が一つの国となるようなくらいに巨大な戦艦だというような意味ではないかと思います…

もしかしたら、ワノ国にプルトンが隠される時点でプルトンの中に花の都に似た街が作られており、人々はそこでプルトンに守られて生活するようになるとか…

前ワノ国が無事ならば、多くの人々はそこを再現しながら生活するかも知れないですが、世界政府から攻撃される可能性は高い…

また、プルトンが復活したならプルトンには何らか役割があるでしょうから、ワノ国を守り続けることは困難でしょう…

そう考えると、やはりプルトンを第三のワノ国として生活するというのが一番機能的だと思います。

しかし、ずっとそうしているわけにもいかないですよね…

新天地はレッドラインの上?

ワノ国の民衆がプルトンで生活するようになっても、ずっとそんな生活を続けられるわけもなく、やはり新天地が必要になるわけですが、その候補として一番可能性が高いのはレッドラインの上になるのではないかと思います…

現在、レッドラインの上がどのようになっているかは説明されておらず、唯一聖地マリージョアという天竜人達の荘厳な都がある事くらいしかわかっていない…

しかし、ジェルマ66は船でレッドラインを横断して行き来している事が明らかになっていて、おそらく何もないような荒野が広がっているのではないかと思います。

また、天竜人達は自分達以外の地上の人類がレッドラインの上で生活する事を許すわけもないと思いますから、マリージョア以外は何もないというような可能性は高いと思います…

それを踏まえて考えるに、おそらく天竜人を倒す事は、レッドラインの上の世界に地上の人類が進出する事にも繋がると思うんですよね…

ワノ国の民衆は、もしかしたら最終的には第四のワノ国をレッドラインの上に築いて生活するようになるんじゃないかとも思うのですが…

しかし、そうなってくると、レッドラインの上と地上世界の間に溝ができてきそうですから微妙ではありますが…

しかし、レッドラインの上は誰のものでもなく全人類が共有する土地になっていくんじゃないかという可能性は高いと思いますね…

また、ワノ国の開国が国土の喪失になるのだとしたら、それはワノ国が国境を持たず誰もが自由にどこででも生活できるという自由の象徴にもなりそうな気がしますね…!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x