天竜人の紋章の意味|ワンピース考察

天竜人の紋章の意味|ワンピース考察

天竜人の紋章の意味|竜の蹄である理由


天竜人の紋章の意味は?〜竜の蹄である理由は?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では天竜人の紋章についての考察を

天竜人の紋章の意味|世界貴族という身分について

 

天竜人の紋章の意味は?〜竜の蹄である理由は?〜

甲塚
甲塚

天竜人達の紋章は『天翔ける竜の蹄』を自分達を現す紋章として使っていますが、何故、竜の蹄なんでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

世界貴族という身分について

天竜人達は正式には『世界貴族』という身分であり、天竜人というのは俗称ですね…

今回はその天竜人という俗称の由来になった世界貴族を現す『天翔ける竜の蹄』の紋章について考えてみたいと思うのですが、その前に世界貴族という身分について考えてみたいと思います。

世界貴族は世界政府を作った最初の20人の子孫達であるわけですが、最初の世代となるのは最初の20人の王達とその一族でしょうね…

彼らはそれぞれが支配していた地上の王国に新しい王を立てて聖地マリージョアに移住したわけですが、その理由はおそらく、王以上の存在である神になる為でしょう…

おそらく空白の100年が開けるまでは乱世の時代が続いており、世界政府という新たな世界秩序を作り世界に平和をもたらした事と新時代を開いた事についての功績、また、独裁を望まず許さないという虚の玉座の誓いという大義名分は神々が決めた事であるという事にする為だったのではないかと思います。

世界貴族は平和と平等の象徴であり、世界平和の守護神…

みたいな形で自分達とその意思を神聖化する事により、自分達が作り出した世界を維持しようとした…

また、自分達は神であるが故に存在している事自体に大きな意味があり、地上の人間は世界貴族を敬い奉仕するような事を義務化する法律なんかも作ったのではないでしょうか?

その背景には彼らの強大な軍事力があり、それに守られたいと思うような国、また圧力をかける事により加盟国を増やし、それと共に彼らの権力はまさに神と言えるくらいに大きなものになったのではないかと思います。

おそらく当時は民衆から絶大な支持を得ていたかと思いますが、それを追い風にし、強大な軍事力を武器に自分達に都合のいい世界を作り上げたというところだと思います。

そうでもないと、世界貴族なんて身分ができる事を誰も認めないと思うんですよね…

彼らの贅沢な暮らしには天上金が湯水のように使われているでしょうし、彼らはおそらく世界政府の法律に従う義務もないのではないでしょうか?
あるとしても、それは完全に有名無実になっていますよね…

そんな『無敵』の世界貴族は『天翔ける竜の蹄』と呼ばれる紋章を使っていますが、何故竜の蹄なんでしょうね…?

何故、竜の蹄なのか?

天竜人という世界貴族の俗称の由来である天翔ける竜の蹄の紋章…

彼らは神を自称し、天竜人という俗称も受け入れているようですが、神と竜が結びついている事は何を意味しているのか?

ONE PIECE世界では竜は実在しないものと認識されているようで、UMAみたいな存在…

現生生物ではなく、完全に幻獣扱いだと思いますが、おそらく現実世界と同じように世界で一番強い生物だという認識はあるのではないかと思います。

青龍の能力者だったカイドウも最強生物と呼ばれていましたし、やはりその悪魔の実は非常に価値が高かったようですしね…

竜は人間の手に負える存在ではなく、やはり神に近い印象がありますが、世界貴族が竜の蹄を紋章として使ったのは、自分達がそういう人間とは全く違う、竜のような人間以上の存在である事を示す為だったのではないかと思います。

竜に立ち向かおうとするような命知らずな人間はほとんど存在しないだろうと思いますし、立ち向かう人間の大半は返り討ちにあい命を落とすでしょう…

あの紋章には地上の人間に対して逆らうなという威圧のような意味もありそうな気がします。

紋章は、一目見ただけで身分や家柄を伝える役割を持っているはすですが、天竜人達がわざわざ共通の紋章を作った意味は身分を示すというよりは、この紋章には逆らうなという意味が強いように思います。

また、もう一つ考えられるのはONE PIECE世界には竜が人間を支配していたような時代があり、それが伝説として語り継がれてきて、神イコール竜というようなイメージがあるというような理由…

世界を支配する立場にある者達を竜に例えるような世界共通の文化があるのかも知れないですね…

過去に天竜人が存在した?

天竜人という俗称の由来は紋章にあるわけですが、もしかしたら、太古の昔に本当に元祖天竜人と言えるような種族が存在したのかも知れないですね…

太陽の神ニカは太古の時代に人々を解放したようですが、何から解放したのか分からない…

過去にも色々と書かせて頂いていますが、天竜人のような支配者が太古にも存在し、それをニカが打ち倒したが、時が流れ、空白の100年の時代に再び世界を支配しようとする者達が現れジョイボーイが戦ったが敗れてしまい、世界はまた太古の時代と同じような様相になり800年それが続いてきたのかも?

もしかしたら、イム様はそういう過去に存在した元祖・天竜人の末裔であり、今の時代には存在しない特殊な力を持っているとか?

それを五老星にも分け与えており、それが魔法陣に繋がっていたりするのかも知れないなとも思います。

イム様は巨大な人型の何かに変身していましまが、もしかしなら悪魔の実の能力とは違う能力であり、あれは変身というよりも本性を現しただけという可能性もあるんじゃないでしょうか?

もしかしたら、人に近い姿をした竜がイム様の本性だったりするんじゃないかとも思います…

イム様が自分という存在を隠す理由も、そういう事だったりするかも知れないですね…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x