バッカニア族が犯した罪は自由平等の思想の流布?|ワンピース考察

バッカニア族が犯した罪は自由平等の思想の流布?|ワンピース考察バッカニア族が犯した罪は自由平等の思想の流布?|ワンピース考察

バッカニア族が犯した罪は自由平等の思想の流布?|王制の否定?


バッカニア族が犯した罪は自由平等の思想の流布?〜王制の否定?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではバッカニア族が犯したという罪についての考察を

バッカニア族が犯した罪は自由平等の思想の流布?|くまとサターン聖の会話について

 

バッカニア族が犯した罪は自由平等の思想の流布?〜王制の否定?〜

甲塚
甲塚

バッカニア族は過去に世界に対して罪を犯したせいで奴隷階級に落とされたようですが、一体何の罪を犯したのでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

くまとサターン聖の会話について

サターン聖はバッカニア族は過去に世界に対して罪を犯し、そのせいで奴隷階級に落とされ、今は絶滅種となっていると言っていましたが、どう見ても善良な種族であるようにしか見えないバッカニア族はどんな罪を犯したというのでしょうか?

それについては、38年前のゴッドバレー島でのくまとサターン聖の会話により明かされているように思います。

くまはニキュニキュの実を食べて能力者になったわけですが、その能力で先住民一掃大会でラビットにされていた多くの奴隷を救ったようです…

くまがニキュニキュの実を食べた直後、その眼前にサターン聖が現れ、サターン聖はくまを始末しようとしたわけですが、その際にくまはサターン聖にこんな事を言っていました…

生まれつき支配する者とされる者が決まっているのはおかしい…
今自分に何かの能力が身についたなら、それを使って1人でも多くのひとを助けたい…

それに対してサターン聖は、そういう考えを持つからお前達は滅びねばならないのだと反していました…

バッカニア族が犯した罪については、その会話が全てを物語っているように感じられます…

バッカニア族は生まれながらに支配する者とされる者が決まっている身分制度みたいなものを否定し、それによって苦しんでいる人々を救いたいという思想を持っていた…

おそらく、その思想を持つ事自体が罪であり、また、バッカニア族は過去にその思想を世界に広めたのではないでしょうか?

王侯貴族という支配者側からすれば、その思想は自分達を完全に否定するものであり、それを放置していれば自分達の立場が危うくなってくる恐れがあると考えるでしょう…

思想というものは捨てろと言われて捨てられるものではなく、支配者側が不都合だと判断したなら、やはり武力を持って根絶するしかないとも考えるでしょうね…

それは空白の100年の真実にも繋がりそうですよね…

不都合な思想を持つ者の根絶

過去にも色々と書かせて頂きましたが、おそらくジョイボーイ、バッカニア族、巨大な王国は太古から続いてきただろう王侯貴族が民衆を支配するというような世界の在り方を完全に否定し自由平等な新たな世界の在り方を目指すような思想を持っていたのだろうと思います。

また、悪王に支配され苦しんでいる民衆を救い解放するというような、今の革命軍に似たような活動もしていたのではないかと思います。

また、巨大な王国とは一つの巨大な国家というよりは一つの思想に賛同する国や種族が集まった共同体…今の世界政府に似たような組織だったんじゃないかと思います。

それに対抗したのが当時の支配者側であるイム様と最初の20人の王達であり、両者は世界の在り方に対する覇権を争い100年もの長きに渡り戦ったのではないかと思います。

結果、イム様達が勝利し、巨大な王国はその思想もろとも跡形もなく消え去った…

先程も書かせて頂きましたが、思想というものは捨てろと言われて捨てられるものではなく、それを不都合と感じたなら武力をもって根絶するしか道はないと思います。

少なくとも、今の世界の在り方を見るに、イム様達はそう考えたはずです。

また、王侯貴族が支配する世界が正しいという思想を更に強固なものにする為には、イム様達は王侯貴族以上の存在『神』になったのだと思います。

神が正しいとしているのですから、その思想は絶対の正義となり得るはずですからね…

また、くまが持つ自由平等と民衆解放の思想はバッカニア族の思想そのものだと思いますが、それはやはり革命軍の思想とも一致しているでしょう…

そのように思想というものは800年経っても根絶できないものであり、ある意味、イム様達の戦いはまだ終わっていないとも言えますよね…

もしかしたら、それが五老星達が言っていたマザーフレイムの力を自在に使えたなら永かった戦いも終焉を迎えるという言葉に繋がっているのかも?

圧倒的な力が希望をも破壊する

思想というものは存在する事に意味があると思いますが、世界の在り方についての思想は実現しなければ単なる理想論で絵空事だとも言えるでしょう…

また、それを実現する為の最大の原動力となるのは『希望』だと思います。

世界を変えたい、変えられるかも知れないというような希望がなければ人はそれに全力またいを尽くしたり命を賭けるなんて不可能だろうと思います。

ですから、バッカニア族の思想をこの世から完全に消し去ろうとするなら、その希望をも奪い取らねばならない…

イム様達はマザーフレイム…おそらくは古代兵器ウラヌスにその希望をも奪い取る力があると確信しているのだと思います。

世界を変えようとしても、あんな兵器を持ち出されたなら民衆には何もできない…

歯向かう事が無意味になってしまい、希望すら抱く事ができなくなる…

そうやって民衆から希望さえ奪い取る事が思想の根絶と完全勝利の時だとイム様達は考えているのではないでしょうか?

しかし、それはイム様達の考えでたり、やはり人の心から希望を奪い取るなんて事は不可能であり、人は自由を求め続けるはずですよね!

おそらく、くまという1人の人間の希望は娘であるボニーに受け継がれているでしょうし、イム様達が希望という要らないものを淘汰して完全勝利する日など永久に来ないのではないかと思うのですが…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x