古代ロボと魚人島の200年前の関係|ワンピース考察

古代ロボと魚人島の200年前の関係|ワンピース考察

古代ロボと魚人島の200年前の関係|リュウグウ王国世界政府加盟の経緯

古代ロボと魚人島の200年前の関係は?〜リュウグウ王国世界政府加盟の経緯は?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では200年前のリュウグウ王国世界政府加盟と古代ロボについての考察を

古代ロボと魚人島の200年前の関係|200年前までのリュウグウ王国と世界政府

 

古代ロボと魚人島の200年前の関係は?〜リュウグウ王国世界政府加盟の経緯は?〜

甲塚
甲塚

200年前に起こった大きな二つの出来事…
古代ロボによるマリージョア襲撃と魚人島リュウグウ王国の世界政府加盟…
それには何か繋がりがありそうですよね…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

200年前までのリュウグウ王国と世界政府

元CP-9のフーズ・フーは魚人の歴史は奴隷の歴史と、魚人族がずっと奴隷階級にあったような発言をしていましたが、実際のところ、それはオーバーな表現ではないようですね…

魚人族また人魚族に対する差別や迫害は今も根強く残っており、ゴア王国のステリー王は初めて対面したネプチューン王を見て恐怖して病を移されるみたいな事を言っていましたし、天竜人達は魚類と呼び人間扱いしていない…

世界政府に加盟していて世界会議に出席する資格さえ持っている今になってもそうであるなら
非加盟だった200年前まではどんな扱いを受けていたのでしょうか?

非加盟国には人権がなく、その上種族的に差別されているわけですから、魚人島民は一歩地上に出てなら、いつ攫われて奴隷にされたり命を奪われるか分からないような状況にあったでしょう…

しかし、魚人島は新海一万メートルに存在し、そこに到達するのは現代でも命懸けであるわけですから、そこに籠っていれば危険な目に遭う事も少なかったかと思います。

ですから、おそらく魚人族は一部の命知らずや何か明確に思想と強い意志を持つような者しか地上には出なかったものと思います。

それは800年前から鎖国を鎖国を続けてきたワノ国やビブルカードがないと辿り着けないゾウのモコモ公国と同じような世界との断絶であり魚人島はそんな仲間とも言えるような国々とも付き合えず孤独だったかと思います。

しかし、魚人族は『タイヨウ』に対して強い憧れ抱いており、地上への移住を望む気持ちは当時も変わらなかったと思います…

地上に出たいという思いを持ちながら差別と迫害により深海に籠るしかなかった魚人族に何があって200年前に世界政府に加盟する事になったのでしょうか?v

古代ロボの襲撃が関係?

200年前、魚人島が突然世界政府に加盟する事になったのと、古代ロボによるマリージョア襲撃事件がほぼ同じ頃だったというのには何らかの関係を感じますし、おそらく実際に何らかの影響があったのではないかと考えます。

過去にも少し書かせて頂きましたが、当時のマリージョアにも奴隷は多くいたでしょうし、そこには魚人族の奴隷もいたのではないでしょうか?

もしかしたら、マリージョアに古代ロボが襲撃してきた時には世界会議が開催中であったりして、そこに住む天竜人や地上から来ていた王族達が危険に晒された時に魚人族の奴隷達がそこにいた人々を守ったのかもしれないと思います。

差別と迫害を受ける魚人族の国であるリュウグウ王国にいきなり世界政府加盟の話が出てくるのはおかしいですし、魚人族側から話を持っていったとしても受け入れられる可能性も低いように思いますから、融和のキッカケになるような事があった可能性は高いと思いますし、それなら魚人族達が天竜人や地上の王族から感謝されたりするような事があった可能性もあるでしょう…

もしかしたら、200年前にはそんな風に種族的融和の方向に持っていける非常に立派な魚人族か人魚族の人物がいたのかも知れない…

または、もしかしたら古代ロボが話をする事ができたりして、本当はエネルギー切れで止まったのではなく、天竜人に対してリュウグウ王国を加盟させる事を条件にマリージョアで暴れない事を約束し自ら停止したという可能性もあるのではないかと思います。

約束が破られたなら古代ロボが再びマリージョアに現れるというような言葉も残しているとか…

そうだとしたら、古代ロボと魚人島は何やら深い関係にありそうな気がしますが、そこにはもしかしたらバッカニア族なんかがからんでいた可能性もあるのではないかとも思うんですよね…

古代ロボとバッカニア族

今の物語の流れからして、古代ロボとくまはリンクするようなところがありますよね…

今のくまのマリージョアを襲撃したりする行動の原点にはニカを解放の戦士として語り継ぐバッカニア族の思想やら歴史背景がありそうですよね…

だとしたら、古代ロボのバックにバッカニア族がいたという可能性もあるのではないかと思います。

今から200年前にはまだバッカニア族も人数はおり、種族として力があったかも知れない…

バッカニア族は秘密結社みたいな組織として、今の革命軍のような虐げられた人々を解放する活動をしていて、しかもバッカニア族が古代ロボを保有していたりしたのかも?

バッカニア族は古代ロボを使ってリュウグウ王国を加盟国にして人権を与える事に成功したが、もしかしたら、その後に世界政府に組織を壊滅させられてしまい、一気に弱体化してしまい、その生き残りがくまの血筋だったりするのかも?

クラップとくまがニカについて語るシーンを見るにバッカニア族とニカの繋がりは本物みたいですから、バッカニア族が犯した罪とは奴隷解放活動だった可能性もあるでしょう…

200年前にはそんな事があったのかも知れない…

バッカニア族が絶滅にまで追い込まれたのは、ニカの代わりに彼らが民衆を解放し、その希望となるような活動をしていからじゃないかとも思います!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x