モリアとペローナのその後|ワンピースハチノス編考察

S 118906885 225x300 1

モリアとペローナのその後|自力での再起に拘る!?


モリアとペローナのその後は?〜自力での再起に拘る!?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではモリアとペローナの今後についての考察を

モリアとペローナのその後|モリア一家の絆

 

モリアとペローナのその後は?〜自力での再起に拘る!?〜

甲塚
甲塚

ハチノスに囚われていたモリアはペローナによって救出されようとしているシーンがありましたが、あれから二人はどうなったのでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

モリア一家の絆

ペローナがモリア救出の為に単身ハチノスに潜り込み助け出そうとするシーンが第1080話にて描かれましたが…

相手は四皇…物凄い度胸ですよね!

ペローナはモリアが生きている事を新聞で知りミホークの元からモリアに会いに行く為に直行したわけですが、その新聞記事はモリアがゾンビ軍団を率いてハチノスを襲撃したという内容のものだったようです。

その記事の詳細は分からないわけですが、ペローナはモリアが生きていると泣いていたわけですから、おそらく返り討ちに遭い捕虜になった模様…というような事が書かれていたのでしょうね…

しかし、絶対に生きているという保証もなく、また四皇の本拠地に忍び込み助け出そうなんて普通の人間にはできない事だと思いますが、ペローナにとってモリアは父親のような存在ですし、やはりペローナは只者ではない度胸があるのでしょうし、ペローナは誰かの為に生命をかけられる人間なんですよね…

モリアもアブサロムを助ける為にハチノスに乗り込んだわけですから、やはりモリアとペローナはよく似ているなと感じますが、決して…というか絶対に善人とは言えない彼らが家族と呼べる仲間達だけは絶対に守ろうとするし見捨てないという強烈な絆を持っているのは微笑ましいですよね…

ペローナの能力ならハチノスに忍び込み事自体はさほど難しい事ではなかったでしょうし、見張りも能力で無力化できたでしょうが、おそらく牢から助けるという事になり困ったのではないかと思います。
ペローナはコビーに牢の鍵を渡してモリアを解放してくれと言っていましたが、おそらく牢の鉄格子や手錠や鎖なんかに海楼石が含まれていたのでしょうね…

ペローナも海軍は大嫌いだと思いますが、相手がコビーだったという強運もモリア一家の絆の強さが引き寄せたものだったんじゃないかと思います。

しかし、ペローナとモリアは結局ハチノスの戦いが終わった今、最後まで出てこなかったですね…

再起する為に逃げる事を優先した?

モリアはアブサロムを殺害され、黒ひげ海賊団のデボンが能力を奪っているのを知って激怒していたわけですが、あの怒り恨みは絶対に消えないし忘れないでしょう…

アブサロムのことは水に流してオレの船に乗れとティーチから勧誘もされていたわけですが、捕まっていたという事は、ふざけるなと暴れたからだと思いますし、おそらくモリアはティーチやデボンへの復讐心は抱き続けているはず…

ペローナに助け出された際にどんな状態になっていたかは分からないですが、おそらくティーチは弱らせて心をへし折った後で再び勧誘するつもりだっただろうと思うのでモリアは若い頃みたいに激痩せしていたんじゃないかと思います。

モリアはペローナが助けに来てくれた事と再会を喜びはしたでしょうが、アブサロムの件を伝えティーチ達は許せないと弱っているのに再び暴れ出そうとした可能性は高いと思うのですが、結局最後まで参戦がなかったとこを見るにペローナがモリアを説得して、コビー達が戦っている隙にハチノスから逃げる事に集中し、成功したのではないかと思います。

逃げると言っても、おそらくアブサロムの仇討ちをする為に再び海賊として再起する事を目的とした逃走でしょう…

ルフィに敗れ、頂上戦争ではドフラミンゴに消されかけ、黒ひげ海賊団には家族を殺害され捕らわれた…

最早、全くいいところが無いと言って過言ではない状況にありますが、かつてはカイドウと渡り合ったという強者なんですから、モリアはもっと強いはずなんですよね…

セラフィムも作られていますし、このままではモリアは過去の海賊として消えていく定めにあると思えますが、もう一花咲かせられる潜在能力はあるだろうと思います!

モリアは誰とも手を組まない?

モリアが再起し黒ひげ海賊団に復讐するにしても、最早海賊としての規模や戦力において黒ひげ海賊団には歯が立たないのは明白ですよね…

普通に考えたなら、モリアは他力本願なわけですからクロス・ギルドあたりと合流して力を得ようとするのが確実で早いでしょう…

クロコダイルやミホークもモリアが戦力として加わるなら拒絶する理由はないと思いますし…

しかし、なんだかモリアは誰とも手を組まないんじゃないかと思います。

モリアはかつて…おそらくカイドウに敗れた際でしょうが、仲間のほとんどを失った経験があり、それで他力本願になったようですが、他力本願と言ってもゾンビ達に戦わせて自分と家族を極力危険に晒さないというようなスタイルでした…

結局、そのスタイルでも通用せずアブサロムの仇討ちもできなかったわけですから、おそらくモリアは原点に帰るのではないかと思います。

自力で再びのしあがる、という事に拘り誰とも手を組まず若い頃のように暴れ始めるんじゃないかと思うんですよね!

他力本願で戦いを避けるような海賊がトップから脱落していくのは自然の摂理みたいなものでしょうし、モリアも若い頃は他力本願みたいな事は全く考えていなかった…

モリアはそれをバカとかバカ正直と言いそうですが、その権化みたいなルフィに敗れてルフィは四皇にまでなっているわけですから、モリアも原点に帰る事により、かつての強さを取り戻す展開になるのではないかと期待します!

モリアにはもう一花咲かせ欲しいです!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x