ドラゴンが海軍時代に目指した正義|ワンピース考察

ドラゴンが海軍時代に目指した正義|ワンピース考察

ドラゴンが海軍時代に目指した正義|希望ある正義?

ドラゴンが海軍時代に目指した正義は?〜希望ある正義?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではドラゴンの正義についての考察を

ドラゴンが海軍時代に目指した正義|海軍に存在する諦めムードについて

 

ドラゴンが海軍時代に目指した正義は?〜希望ある正義?〜

甲塚
甲塚

ドラゴンは元海軍だったわけですが、そこに彼が目指す正義がなかった為に革命家に転身したようですが、彼はどんな正義を目指しているのでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

海軍に存在する諦めムードについて

モンキー・D・ドラゴンという人間がどんな人間であるのかというのが徐々に明らかになってきています…

彼は他者を慈しみ寄り添う優しい人間であり理不尽な権力などにより虐げられている人々を放っておけないという人格の持ち主である事は間違いないわけですが、反面、民衆を苦しめる存在に対しては微塵も容赦がないという雰囲気ですよね…

彼はかつて海軍に在籍し、そこに彼が想う正義がなかった事から革命家に転身したという事であるようですが、彼は一体どんな正義を目指していたのか?

海軍にもドラゴンのように優しい人間は沢山いますよね?

しかし、そんな優しい人間が沢山いるにも関わらず海軍には『正義』とは言えないようなところが多々見られます…

それはやはり海軍は世界政府の軍隊であり、世界政府の命令で動く組織だからなんですよね…

世界政府の命令は天竜人達の命令と断言していいような状態であり、天竜人達からの命令があれば、海軍は仮に罪のない一般市民であっても
命を奪ったりしなくてはならない…

エースの出生においても、ロジャーの子供である可能性がある妊婦や子供を生かしておくなという命令で理不尽すぎる虐殺を行っているようですからね…

命令に従わなければ首にされたり、酷ければ反逆罪で投獄や処刑されたりする事もあるでしょうから従わねばならない…

おそらく、誰もそんな事をしたくないはずですが、天竜人達がそんな事を命令してきたら諦めざるを得ないんですよね…

緑牛アラマキはワノ国でモモの助達に世界はそうなっているのだから仕方ない、自分を恨むなというような事を言っていましたが、海軍は理不尽な天竜人を正義として従うしかないという諦めがあるようにしか見えない…

エッグヘッドではサターン聖は島から逃げようとする研究員達を残らず始末するようにドーベルマン中将に命じましたが、ドーベルマン中将がそれにドン引きすると、サターン聖は人間の命は湧いて出てすぐ増えるものだと言ってドーベルマン中将を更にドン引きさせ、ドーベルマン中将はその命令に従うしかなかった…

そうでないと海軍では生き残れないのでしょうね…

ドラゴンは海軍時代にそういう実態を見て正義はないと判断した可能性は高いでしょう…

ドラゴンは見捨てないし切り捨てない

海軍が時に天竜人の命令で海賊達以上の…海賊達でもドン引きするくらいの凶行をしている様子はこれまで何度か描かれてきました…

それには誰も天竜人には逆らえないというような諦めの感情が根ざしているはず…

ですから、例え罪のない人間を逮捕しろとか殺せと命じられても自我と思考を封印し従う事が正しい…

それが今の海軍における現実的な正義ではないかと思います…

それは、天竜人に目をつけられた人間を見捨てて切り捨てているとも言えると思います。

また、それは地上世界においても同じであり、基本的に正義は各国の王にあり、ゴア王国の先代国王やソルベ王国のベコリ王のような人間を人間と思わないような悪王に対しても海軍は従わねばならないようです。

諦めは他者を見捨てたり切り捨てたりする事に直結するわけですが、ドラゴンにはそれはできない…

ドラゴンにとっては、諦めて思考停止し、ただ命令に従うというような海軍の体質は正義どころか悪なんじゃないでしょうか?

しかし、ドラゴンも実際に海軍にいたわけですから、海軍の全てが悪だとは考えておらず、やはり元凶は天竜人であり、天竜人が作った世界の仕組み自体が悪だと認識している…

だからこそ、世界を変える必要があるのでしょう…!

革命軍のベロ・ベティは理不尽に立ち向かう人々を絶対に見捨てないと言っていましたが、それはやはりドラゴンの思想でしょう。

過去に、イムは地上の人類から希望すら奪おうとしているのではないかと書かせて頂きましたが、ドラゴンは天竜人のそういう悪意を誰よりも鋭く感じとっているのかも?

ドラゴンの正義…

それは、海軍大将達が掲げているスローガン風に表現すると『諦めない正義』であり『絶望なき正義』と言えそうですが、そうだとしたら、それは『希望ある正義』とも言えますよね!

希望ある正義

正義というものは、その時代に一番強い力を持つ存在の意思が非常に強く反映されると思いますが、今のONE PIECE世界をみれば一目瞭然と言えますよね…

力こそ正義であり正義こそ力というのが現実の正義だと言えそうです…

しかし、真実の正義というものも必ずあるはずです!

他者を思いやり他者に寄り添い、ルールを大切にして生きるというような道徳や倫理に基づくような正義…

それも絶対にこうだと定義することは難しいでしょうが、少なくとも天竜人の自分の都合で他者を傷つけたり命を奪うという行為は悪であって、それを悪だと思う心には真実の正義があるはず…

その悪を正義として扱わねばならない世界には絶望しかないように思いますが、それに真っ向から戦いを挑んでいるドラゴン達には真実の正義があり、また、彼らは今の世界に絶望せず、必ず世界を変えるという希望があるから命がけで戦えるはずです。

思えばガープもコビー達を海軍の未来と呼んでいましたが、それはガープにとってコビー達は希望であるという事だと思いますし、ガープは未来の希望となりうる存在を育てハチノスでは彼らを守ったと感じられます。

また、ルフィはそれこそ希望という概念を擬人化したような希望の塊みたいな男ですよね…

モンキー家の男達はどんな状況になろうとたも決して絶望せずに、常に希望を抱いていると言えると思います。

希望ある正義というのは、モンキー家の男達の伝統的特徴であり、また、やはりDの意志にも直結していそうな気がします!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x