未来国バルジモア!ベガパンクの故郷の正体|ワンピース考察

未来国バルジモア!ベガパンクの故郷の正体|ワンピース考察

未来国バルジモア!ベガパンクの故郷の正体|古代文明との関係


未来国バルジモア!ベガパンクの故郷の正体は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では未来国バルジモアについての考察を

未来国バルジモア!ベガパンクの故郷の正体|超極寒の冬島

 

未来国バルジモア!ベガパンクの故郷の正体は?

甲塚
甲塚

ベガパンクの故郷・未来国バルジモアはベガパンクの他にもツキミ博士という天才を輩出していますが、天才を生む土壌の正体は?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

超極寒の冬島

未来国バルジモアはグランドラインのどこかに存在するようですが、極寒の冬島ですよね…

チョッパーの故郷もかなり寒そうな冬島でしたが、バルジモアは更に極寒という感じでしたよね…

2年前にくまによって飛ばされたフランキーと現地住民の姿を見ていると人間が生活するにはあまりに過酷すぎるように見えましたが、ベガパンクはそれが原因でバルジモアを島ごと温める島空調システムを作ろうとしたのだと思います…

人間がバルジモアのような過酷な環境で生き抜く為には工夫が必要ですよね…

過酷な環境では食糧や燃料の調達や確保も難しいでしょうし、衣服にもできるだけ体温を保てるような工夫が必要でしょう…

バルジモアが未来国と呼ばれるような科学力を持っているのは、そういう過酷な環境だからこそ必要とされる工夫の積み重ねがベースになっている可能性があると思います。

そう考えると逆に暑い島なんかでも科学が発達しそうな気がしますが、そういう島は今のところ出てきていないですね…

南の海のトリノ王国は暑いのかはわからないですが、あの国も医学や薬学が発達していたようですから、やはりそういう傾向はあるのだと思いますが、バルジモアの場合は過酷な環境だけが発達の理由ではないように感じられます。

雪と氷で隠された下には、もしかしたら古代文明の痕跡が残っていたりするのではないでしょうか?

過酷な環境はそれだけで容易に人に近づけないですし、本来なら残るはずのないものが残るという可能性も高くなるのではないでしょうか?

ベガパンクやツキミ博士が天才であるのは間違いないと思いますが、彼らもゼロから全て自分で思いついた事ではなく、科学を学んでいるはずだと思いますが、バルジモアには古代文明の発明に関する文献なんかが残されていたりした可能性もあるのではないでしょうか?

古代文明との関係は?

ベガパンクと同じくバルジモア出身のツキミ博士は感情を持つロボットを作り、そのロボット達と生活していたようですが、それは自分の分身であるサテライト達を作っているベガパンクと同じような技術ですよね…

ベガパンクとツキミ博士の関係も気になるところですが、おそらくベガパンクが上だとはおもうにしても、同郷でかる二人が同じような知識と技術を持っているという事は、やはりバルジモアには特別な何かがある可能性は高いと思われます。

やはり古代文明あるいは月の文明にまつわるような科学的な文献や資料、また何かの設計図が残されているような可能性を感じますが、それが古代文字で書かれているという可能性もあるかと思います。

しかし、ウォーターセブンの船大工に受け継がれていた古代兵器プルトンの設計図はフランキーが見ても理解できるようなものだったようですから、設計図なんかであればわかる人間が見たら内容は理解できるのではないかと思います…

ベガパンクとツキミ博士はバルジモアに伝わっていたそういう設計図を見て、理解できたのではないでしょうか?

それが数100年未来をいくというような天才的発明のベースになっているというような可能性もあるのではないでしょうか?

稀代の天才だからこそ理解し、身につけることができるような特別な知識と技術がバルジモアには伝わっていた…

それがバルジモアが未来国と呼ばれる所以になっているんじゃないかと思います…

バルジモアに王はいるのか?

バルジモアにはフランキーが事故を起こすまでベガパンクの自宅件研究所が世界遺産としてそっくりそのまま残されていましたが、その警備を海軍が行っていたようですから、バルジモアは世界政府加盟国か、あるいは世界政府の直轄地だったんじゃないかと思いますが、バルジモアに王はいないのでしょうか?

ONE PIECE世界で国と言えば王国であり、そこには王がいるはずですが、今のところバルジモア王国とは呼ばれていないですし、国王の存在も語られていない…

国王がいるいないは物語には全く関係ないかも知れないですが、仮に王がおらず大昔から世界政府が直接支配するような国だったとしたなら、やはり何か世界の秘密に関わるような何かがある為に世界政府が管理していたというような可能性があるかと思うんですよね…

もしかしたら、ベガパンクという天才が現れなければ世界から知名度がないような国だった可能性もあるかと思いますが、やはり何か特別な要素を持つ国ではないかと感じるんですよね…

未来国という割には国民は素朴な感じですし、特別な豊かな国にも見えないのに二人の天才を輩出しているという事実から普通ではない雰囲気を感じます…

個人的にはベガパンクの過去編も描いて欲しいなぁと思っています。

ツキミ博士との関係も気になりますし、ベガパンクがどんな子供であり、どんな経験をしてきたのかも気になります。

くまと同じく平和主義者である彼のルーツにも何か壮絶な経験がありそうな気がしますしね…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x