ベガパンクはマザーフレイムを隠していたのか?|ワンピース考察

ベガパンクはマザーフレイムを隠していたのか?|ワンピース考察

ベガパンクはマザーフレイムを隠していたのか?|作られた経緯は?

ベガパンクはマザーフレイムを隠していたのか?〜作られた経緯は?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではベガパンクとマザーフレイムについての考察を

ベガパンクはマザーフレイムを隠していたのか?|マザーフレイムとは何なのか?

 

ベガパンクはマザーフレイムを隠していたのか?〜作られた経緯は?〜

甲塚
甲塚

ベガパンクは『マザーフレイム』を作ったようですが、世界政府はヨークがリークするまでそれを知らなかったような雰囲気ですよね…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

マザーフレイムとは何なのか?

世界政府は8カ国革命の一国であるルルシア王国を謎の兵器によって跡形もなく滅ぼし、海に大穴を開けました…

それに先立って、イム様は五老星に『ベガパンクが作ったというマザーフレイムを使ってみたい』といい、五老星はそれが本物かどうか試す必要があるといい、更に、その力を自在に使えるようになれば永かった戦いも終焉を迎えるというような話をしていました。

また、その兵器が使われた様を実際に見たサボから話を聞いたドラゴンとイワンコフは同時に聞いたイム様の話から、古代から生き続けている存在だと推理し、更にベガパンクが直接的な大量破壊兵器を作るとは思えないという事をから兵器は古代兵器だろうとも推理しています。

また、兵器はかなり島ほどもある巨大な物体であるようですが、それが空中を浮遊しているようですから、エッグヘッド島内でしか働かない反重力装置しか作れていないベガパンクが作ったものとは思えない…

それらの情報を合わせて考えてみると、過去にも書かせて頂いていますが、イム様達が元々保有していた古代兵器にベガパンクが作ったマザーフレイムを組んだものがルルシア王国を滅ぼした兵器であり、それはやはり魚人島のポセイドン、ワノ国のプルトンに並ぶ『古代兵器ウラヌス』だろうと思います。

ドラゴン達が言っていたようにイム様達はずっと大昔からウラヌスを保有していたが、おそらくエネルギー切れで動かせず、そのエネルギーも入手不可であり、使えなかったのだろうと思うのですが、ベガパンクは知ってか知らずか、その入手不可のエネルギーの代わりとなるものを作ってしまったのだろうと思います。

しかし、気になるのはそれをベガパンクが世界政府に隠していたらしきところなんですよね…

ベガパンクは世界政府に雇われている身で、その研究開発費は、ほとんど世界政府から出ているものと思われますし、ベガパンクは世界政府から命令という形で様々な発明をしていたでしょう…

ベガパンクは世界政府に隠れてマザーフレイムを作っていたのか?
あるいは世界政府からそういうものを作るように命じられていたのか?

マザーフレイムが作られたのにはどんな経緯があったのでしょうか?

マザーフレイム開発の経緯は?

マザーフレイムを作るには『融合炉』が必要であるようですが、それはおそらく現実世界の核融合炉みたいなものなんでしょう…

そんなものを作るには莫大な資金がかかるでしょうし、広い場所も必要でしょう…

世界政府に隠れてそれを作り上げるというのは極めて困難だろうと思えますから、やはりベガパンクは世界政府からの命令でマザーフレイムを作っていた可能性が高いと思います。

ベガパンク・リリスは資金不足を口にしていましたが、それからしてベガパンクは自ら資金調達して秘密裏に作っていた可能性もあるでしょうが、やはり隠しきれるものではないように感じられます。

ベガパンクは世界政府からの命令でマザーフレイムを作ったが、その莫大なエネルギーを悪用される危険を感じ、完成したのにまだ完成していないと誤魔化していた可能性が高いんじゃないかと思いますね…

仮にベガパンクが独自に作っていたもので世界政府からそれを完全に隠せていたとしても、やはり資金は必要ですから、それはどこから出ていたのかということになりますよね…

ベガパンクはやはり人類に無償でエネルギーを提供したいという夢の為にマザーフレイムを作ったのではないかと思いますが、それによって生み出される莫大なエネルギーを兵器として転用したなら、どれだけの破壊力になるかは容易に想像できたでしょうから、やはり悪用を恐れて隠していたという感じだろうと思えるのですが、ヨークは世界政府がその悪用の為にマザーフレイムを欲していると察したが故に、ベガパンクがポーネグリフの研究をしているという情報と共に世界政府にマザーフレイムを送りリークしたのだと思いますが…

ヨークは何故、世界政府がマザーフレイムを欲していると察することができたのでしょうか?

ベガパンクはヨークが天竜人になりたいと言った際に、昔、天竜人を見ただろう、あんな汚らわしいものになりたいのかと叱りつけていましたが、それも少し不可解に感じられるところなんですよね…

ヨークの真意や思惑は?

ベガパンクはヨークに対して、天竜人を実際に見て汚らわしい者だと知っているのに、あんなものになりたいというのかと叱っていました…

しかし、第1102話を見るにベガパンクのサテライト達はまだ存在していないんですよね…

もしかしたら、すでに完成していて登場していなかっただけかも知れないですが…

サテライト達がここ2年ほどの間に作られたものだとしたら、おそらくヨークは直接天竜人に会った事はなく記憶があるとしたらステラの記憶を共有しているという意味でしょうね…

また、サターン聖はエッグヘッドに上陸する前に昔一度だけベガパンクに会った事があると言っていました…
通信では何度もやり取りしていますが、直接会ったのはその時だけなんでしょう…

それを踏まえて考えるに、ベガパンクは数十年前のイベル平和賞授賞式の際に五老星から勲章を貰っていましたから、会ったのはその時…

おそらく、その時にマリージョアで何か見たくないような光景を見ているのでしょう…

しかし、おそらくヨークにとってそれは汚らわしいものではなく、憧れの対象になったのかも?

天竜人になれば好き勝手に発明ができるでしょうし、ヨークはやはりサテライト達の中で自分だけが発明とは関係ないような役割を与えられていることに不満や憤りがあったのではないかと思います…

ヨークは世界政府…という五老星が平和目的の為にマザーフレイムを作るように命じたとは思えず、やはり兵器として使用する目的があるのではないかと考えて、マザーフレイムを送りつけてみたら、五老星もやはりそれに飛びついてきた…

そういう流れだったのではないかと思いますが、おそらく、そういうマザーフレイムに関わる経緯も第1103話以降での重要な要素になってくるのではないかと思っています。

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x