ドラゴンとベガパンクが友人になった経緯|ワンピース考察

ドラゴンとベガパンクが友人になった経緯|自勇軍とMADSの関係


ドラゴンとベガパンクが友人になった経緯は?〜自勇軍とMADSの関係は?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではドラゴンとベガパンクの友人関係についての考察を

ドラゴンとベガパンクが友人になった経緯は?〜自勇軍とMADSの関係は?〜

甲塚
甲塚

革命軍リーダーであるドラゴンと天才科学者Dr.ベガパンクは友人関係にあるわけですが、それにはどんな経緯があったのでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

ドラゴンと自勇軍について

ドラゴンとベガパンクが友人になった経緯には、おそらく、それぞれが所属していた組織や立場が関係しているのではないかと思っています。

まずはドラゴンがかつて隊長を務めていた『自勇軍』という組織について考えてみたいと思います。

『自勇軍』とは、おそらく『義勇軍』と呼ばれるような形式の軍隊組織だったんじゃないかと思います。

義勇軍とは、国家が抱えるような正規の軍隊ではなく、民衆が自分達の意思で進んで結成する軍隊であり、その目的はやはり自分達の家族や生活を守る事にあるでしょう…

ドラゴンは何らかの経緯で世界政府に疑問を抱き反抗心を持つ事により、世界政府の悪意から世界政府加盟・非加盟を問わず守ろうとして自勇軍を組織したのではないかと思います。

世界政府というか、民衆に対して悪意を持っているのは天竜人達でしょうからドラゴンと自勇軍の敵は天竜人達だったかと思いますが、22年前のドラゴンとベガパンクの会話からして、自勇軍は天竜人達の悪意と戦えるような力は無く、おそらく海賊と変わらないような事しかできていなかった可能性が高いと思います。

軍資金を提供し支援してくれるスポンサーでもいれば違ったかも知れないですが、ベガパンクには貧乏軍隊と言われいましたからスポンサーもいなかったでしょう…
スポンサーになれば世界政府にバレる危険性がありますしね…

しかし、個人的にドラゴンとベガパンクが知り合うキッカケになったのが、そのスポンサー問題だったんじゃないかと思うんですよね…

ONE PIECE世界には『闇の世界の帝王達』と呼ばれる、おそらくは世界的な大富豪だろう人物達がいますが、その一人、ル・フェルドはベガパンクがリーダーを務めていたらしい平和研究所MADSを慈善事業として運営していたようです…

二人の友人関係にはル・フェルドや闇の世界の帝王達が絡んでいるのではないかと思うんですよね…

ベガパンクとMADSについて

ベガパンクはル・フェルドが運営していた慈善事業・平和研究所MADSのリーダーだったと思われますが、その活動の中で様々な発明をし、イベル平和賞という大変な栄誉にも預かっているようですが、それはル・フェルドの名声にも繋がったでしょう…

その影に隠れてジャッジ達が様々な兵器を発明したりして、それはル・フェルドに更なる富をもたらしたと思います。

MADSという組織はル・フェルドに富と名声をもたらすスポンサーとして非常に価値ある存在だったわけですが、ドラゴンはもしかしたらル・フェルドにスポンサーになってくれるように頼んだりし、その際にベガパンクと出会っていたりしたのではないかと思うんですよね…

ドラゴンと自勇軍はおそらく民衆の為に戦っていたでしょうから、それはある意味、本当に慈善事業だとも言えると思いますが、救った国や地域には太いパイプができるわけですし、才覚次第では、そこから更に莫大な富を築ける可能性もあるはずです。

しかし、天竜人に歯向かうような活動をしてしているような事がバレたなら、ル・フェルドは富と名声だけではなく命すら失う可能性が極めて高いわけですから、彼がそんな事に応じるような事は無かったと思います。

ベガパンクがドラゴンに貧乏軍隊と言っていたのには、そういう事情があったのではないかと思うのですが、ベガパンクはベガパンクでドラゴンとは違う形…MADSにおける研究発明の結果にて民衆を豊かにする事により世界平和を実現しようとしていた…

ドラゴンとベガパンクはおそらくMADSの船内で初めて出会って世界の行先について語り合ったりしたのではないでしょうか?

民衆を想うという事についてはお互い認め合い理解し合っているものの、民衆を幸福に導くという方法があるについては違っており、やはりドラゴンの思想は過激であると考えていた…

ドラゴンはベガパンクを仲間に勧誘していたようですが、それに応じなかったのはドラゴンについて行っては発明を続ける事はできず、また、ドラゴンの思想を受け入れるようなスポンサーもいないと考えていたからではないかと思います…

ドラゴンはもしかしたら他の闇の帝王達にも接触したのではないかと思いますが、やはり相手にはされなかったのではないかと思います…

二人は共闘するのか?

ドラゴンがどんな思想に基づいて行動しているのか、まだ明らかになっていませんが、明確なのはドラゴンは天竜人達を人類共通の敵として認識しているという事でしょう…

自分達以外の人類全てを奴隷として考えているような者達に支配されている世界に平和や幸福などは絶対にあり得ない…

ドラゴンはそういう思想を持っていると思いますが、それについてはベガパンクも共感しているでしょう…

しかし、武力で天竜人を倒そうにも天竜人は海軍とCPまた、世界政府加盟国の正規軍も基本的には天竜人に味方せざるを得ないわけですから、ドラゴンの思想はやはり世界と戦う事にはなってしまうんですよね…

ベガパンクも自分にそれだけの財力があればドラゴンのスポンサーになったかも知れないですが、ベガパンクも所詮はずっと誰かに雇われの身だったわけですから、それもできない…

しかしドラゴンがオハラ事件を契機に自勇軍から革命軍という組織を作ったのは、自分達が虐げられる国や地域を救う事により、その国や地域を味方につけスポンサーになってもらうというような方針に切り替えたことも意味しているのではないかと思います。

武器弾薬また食糧など諸々必要なものにはお金がかかるわけですからね…

しかし、革命軍はかなり成長しマリージョアの襲撃も成功させています。

今は強力なスポンサーも存在するんじゃないかと思うのですが、仮に闇の世界の帝王達がスポンサーについているのだとしたら、彼らは天竜人が倒された後の世界で経済力で世界を牛耳るような事を考えていたりするかも…?

ドラゴンとベガパンクは民衆の平和と幸福を望むという点で一致する同志であるのは間違いなく、おそらくこれまで親交を続けてきたと思いますが、ベガパンクがエッグヘッドから脱出できたなら、二人はようやく共に戦うような展開になるんでしょうか…?

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x