鬼ヶ島のポーネグリフには何が書かれていたのか?|ワンピース考察

鬼ヶ島のポーネグリフには何が書かれていたのか?|ワンピース考察

鬼ヶ島のポーネグリフには何が書かれていたのか?|鬼ヶ島の歴史?

鬼ヶ島のポーネグリフには何が書かれていたのか?〜鬼ヶ島の歴史?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では鬼ヶ島にあったポーネグリフについての考察を

鬼ヶ島のポーネグリフには何が書かれていたのか?〜鬼ヶ島の歴史?〜

甲塚
甲塚

ワノ国編は多くの謎を残して終わっていますが、鬼ヶ島にはローが発見したポーネグリフが一つありましたが、内容には全く触れられていませ…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

ローが発見した鬼ヶ島のポーネグリフ

ローは鬼ヶ島の裏口から屋敷内に侵入していましたが、単独行動する内、地下室のような場所で一つのポーネグリフを発見していました…

しかし、ローが探していたのは赤色のロード・ポーネグリフであり、そこにあるポーネグリフは普通のポーネグリフだったようで『これじゃねぇ』とスルーしてしまっていました…

しかし、あのポーネグリフはまるで御神体としてお祀りされているかのようにして安置されていて、何か重要なものだったんじゃないかと思わせられました…

鬼ヶ島はカイドウ達が住み着くまで誰も住まない無人島だったといいますから、あのように綺麗に安置したのはカイドウの意思だったんじゃないかと思いますが、カイドウとて普通のポーネグリフとロード・ポーネグリフの区別はできていたはずですから、カイドウにとってあのポーネグリフには価値はないはず…

なら、何故あのように神聖なものであるかのように綺麗に安置したのか…?

個人的にはそこが気になっているのですが、もしかしなら、カイドウが屋敷を建てる前からあのポーネグリフは神聖な雰囲気を醸し出しながら地下に眠っていたものだったりしたのかも知れませんね…

カイドウは真面目な面がありますから、もしかしたら安置されている様子を見た事により、鬼ヶ島を屋敷を作り変えるにあたり、特別に安置室としてあの部屋を作らせたのかも知れないとも思います。

あのポーネグリフは、カイドウにそんな事をさせるくらいのオーラみたいなものを放っていたのかも知れないですね…

どこからか持ってきたものである可能性もあるのでしょうが、ロード・ポーネグリフ以外をコレクションするような趣味がカイドウにあるとは思えないですから、やはり元々鬼ヶ島にあったものだろうと思います。

だとしたら、元々鬼ヶ島に住んでいた者達がいて、あのポーネグリフはその住民達にまつわるものである可能性が高いと思いますが、やはり鬼ヶ島には鬼が住んでいたのでしょうか?

鬼は人間と仲良くなれない

カイドウはヤマトとの親子喧嘩の最後、ヤマトに対して『鬼は人間と仲良くなれない』みたいな事を言っていました…

カイドウは自分が鬼の人間であると言う自覚があり、またヤマトも幼い頃は鬼姫と呼ばれていましたから、おそらくカイドウ親子は部下達からも鬼のイメージで見られていて、カイドウはその比喩としてヤマトにあんな事を言ったんじゃないかとも思うのですが、個人的にはそれだけではないような気がするんですよね…

鬼ヶ島の頭蓋骨は自然にできた地形であるとか人口的に作られたものではなく、実際にあのサイズの古代巨人族がいて、その頭蓋骨があのような形で残ったものじゃないかと思えますし、あんなところに島がポツンとあるのもおかしく、もしかしたら超巨大な頭蓋骨が島になったものじゃないかとも思います。

過去にも色々と書かせて頂きましたが、やはり鬼ヶ島には古代巨人族が生息していて、大昔に滅びたか、追い出されたのではないかと思うんですよね…

ワノ国に伝わる天下無敵を現す『モモ』という言葉からは桃太郎を連想させますし、個人的ににはそんな桃太郎的存在こそがニカなんじゃないかと思っているのですが、ローが発見したあのポーネグリフには、鬼ヶ島に住んでいて滅びた古代巨人族の歴史なんかが記されていたりしたんじゃないかとも思います。

800年前に世界中にポーネグリフをばら撒いたというリリィ女王の行動で偶然そこにあった全く関係ないポーネグリフかも知れないですが、魚人島には人魚姫に宛てたジョイボーイの謝罪文が記されたポーネグリフがありましたし、やはりそこにあるべくしてあるポーネグリフも存在するはずですよね…

もしかしたら、カイドウは古代文字が読めなくても、あのポーネグリフの内容をなんとなく感じ取り、鬼と呼ばれ人間に駆逐されたような存在に親近感を感じていたのかも?

それが、あのポーネグリフを綺麗に安置していた理由なんじゃないかと思うのですが…

しかし、あのポーネグリフ…

ロビンはあれを見たり解読したりしているのでしょうか?

重要でなくとも無意味ではない?

ロビンはポーネグリフを見つけたなら、やはり考古学者の性として解読せずにはいられないでしょうから、ローから存在を教えられているなら、必ず解読しているだろうと思います。

しかし、本編ではローがスルーして以来全く言及されていませんから、ロビンが解読していたとしても内容は重要ではないかも知れない…

しかし、重要ではないから無意味だという事は断じてないと思います!

ポーネグリフは朽ちず破壊されず、半永久的に残るはずですから、そこに記された内容は作った者達、また、それを依頼した者達が後世に残すべき真実をそこに刻んでいるはずです…

ポーネグリフには、もしかしたら歴史上起こった悲しい事件や誰かにとっての黒歴史なんかも刻まれていて不思議はなく、仮に鬼ヶ島に住んでいた者達が滅ぼされたり追い出されたりしたなら、そういう出来事の真実があのポーネグリフに刻まれていたのかも?

ワノ国は長らく鎖国状態にあり、魚人族やミンク族を異形として迫害していましたが、その性質はもしかしなら鎖国にあったのではなく、かつて鬼達と接していた事実に根ざしている事だったりしたんじゃないかとも思います。

鬼は人間に歩みよろうとしたが、人間はそれを受け入れる事が出来ず、悲しい争いがおこってしまい、あのポーネグリフにはそんな悲しい歴史とワノ国の人々の謝罪なんかが書かれていたとか…

カイドウはそれを何となく感じ取り、あのポーネグリの大切にしていたのかも…?

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x