ワンピース1099話考察 |サターン聖とくま改造命令!

ワンピース1099話考察 |サターン聖とくま改造命令!

サターン聖とくま改造命令!|バッカニア族はどこまでも奴隷!?


サターン聖とくま改造命令!バッカニア族はどこまでも奴隷!?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではサターン聖とパシフィスタ計画についての考察を

サターン聖とくま改造命令!|本来くま改造はプランに無かった

 

サターン聖とくま改造命令!バッカニア族はどこまでも奴隷!?

甲塚
甲塚

第1099話では、くまとベガパンクのパシフィスタ計画についての会話を盗聴していたサターン聖が邪悪なアイディアを思いついたというようなシーンがあるようですが…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

本来くま改造はプランに無かった

第1099話、ベガパンクはボニーの青玉鱗は治るといい、それを治す手術にかかる莫大な費用については、くまがクローン兵士研究に協力してくれるなら無償で構わないというような話を持ちかけ、くまはボニーが治るなら何でもすると協力を約束するという展開が描かれるようです…

ジンベエが言っていたベガパンクがくまの肉体に惚れ込んだというのは真実だったようで、ベガパンクはバッカニア族であるくまの肉体をクローン兵士の理想的な素体になると考えたようです。

ベガパンクはそのクローンをサイボーグ化し、レーザーなどの科学的な武装を追加した未来の戦場、つまり後のパシフィスタの構想を持っていたようですが、あくまでクローンを改造するような考えであったようで、くま自身を改造するような事は考えていなかったような雰囲気です…

ベガパンクは聖人というような性格ではないわけですが、それでもやはり、くま自身を改造するなんて事は毛頭考えていなかったように思います。

それがどういう事であるかはベガパンク自身が一番わかっていたでしょうし…

しかし、その二人のパシフィスタ計画の会話を盗聴していたサターン聖は何か善からぬアイディアを思いついたというようなシーンが描かれるようです。

サターン聖はベガパンクはチャンスを活かしきれず生ぬるいみたいな事をいうようですが、それが何を意味するかというと、やはり、くまをこの計画から逃げられないように完全に絡めとるという事であろうかと思います。

サターン聖が二人のパシフィスタ計画を歪める展開になるのは明白だと思うますが、やはり本来は不要であるはずのくま自身のパシフィスタへの改造を命令する事になるんでしょうね…

ベガパンクの研究開発のスポンサーは世界政府であるわけですし、それは圧倒的な権力になるはずです…

ボニーの手術と治療を『人質』に?

ベガパンクはくまにボニーの青玉鱗の進行をよくぞここまでに留めた、この進行度合いなら治ると断言し、その手術にかかる莫大な費用の見返りとしてくまに協力を求めたわけですが…

ベガパンクは勝手にその約束をしていますが、くまは世界政府に雇われている身であり、おそらく研究費用の大半は世界政府のお金であるはずです…

ボニーの手術や術後の治療にかかるお金も世界政府のお金である可能性が高いと思われますが、それはベガパンクの一存で動かせるようなお金ではないでしょう…

ならば、世界政府の人間の決裁が必要なはずであり、その決裁人としてサターン聖が出張ってくるという可能性は高いかと思います。

サターン聖はおそらく、くまが娘を想う気持ちを利用して、くま自身を改造するという方向で話を持ち出し、くま自身がそれを了承した上で志願するように持ち込むのではないかと思いますね…

ボニーの手術と術後の治療を行う事に嘘はないが、くまは絶対に逃さないというボニーを人質にするという形でくまを政府の言いなりにしてしまうという奸計…

それがサターン聖のアイディアであり、それは事実上バッカニア族を絶滅させるという事になる…

それだけでなく、バッカニア族のクローンをパシフィスタという形で自分達の戦力にしてしまえるわけですから、世界政府にとっては単なる絶滅以上の意味がありますよね…

おそらく、そういう展開になりそうですが、それがボニーが世界政府に捕まっていたという状況に繋がりそうな気がします…

ボニー世界政府の虜囚に?

ベガパンクはボニーの青玉鱗は治ると断言していたわけですが、おそらくその手術を受ける為にボニーはベガパンクいや世界政府が預かるという形になるのではないかと思います。

それと同時にパシフィスタ計画を進めていく事になるのでしょうが、ボニーの病気がそれよりも早く治ってしまっては、くまに逃げられる可能性もありますよね…

くまとベガパンクではなく、サターン聖のパシフィスタ計画を完遂する為にはボニーという人質は必須であり、おそらくボニーが完全に治ったと言える状態になるまでは返すわけにはいかないと、何かと理由をつけて引っ張るのではないかと思います。

ボニーは世界政府に捕まっている状態から脱走して海賊になったようですが、捕まっていた理由はそういう事じゃないかと思います。

既に病気は治っているのに、何か治療する施設から外に出してもらえない状況となり、父と全く会えないような状況になった事から何かを察して脱走して父について調べるとパシフィスタに改造されていた事を知ったとか…

ボニーは父やベガパンクまた周囲の人間から何も聞かされる事なく病気が治ったかもわからないままに数年過ごす事になるのではないかと思います。

そうだとしたら、ボニーがいろんな事情を知らないままにベガパンクを恨んでいた理由もわかるような気がするんですよね…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読みの頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x