【ネタバレ】アニメ 呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変 #42「理非」のネタバレ、感想

【ネタバレ】アニメ 呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変 #42「理非」のネタバレ、感想

TVアニメ 呪術廻戦 第2期「懐玉・玉折/渋谷事変」のネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくABEMA等のネット配信でも視聴出来ます。

前回、#41の記事はこちらです。

【ネタバレ】アニメ 呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変 #41「霹靂-弐-」のネタバレ、感想

スポンサーリンク

#42「理非」

宿儺が大量殺人をした事実に激しく動揺した虎杖は、ショックを受けながらも渋谷の地下街を歩いていきます。一方、重傷を負った七海は群がってくる改造人間相手に、朦朧とした意識の中でも戦い続けます。

そこに真人が現れますが虎杖も七海に気付き、七海の場所へと急ぎます。七海は灰原の幻影を見ると、虎杖にとって呪いの言葉になるからと言う事を一瞬ためらいますが、後は頼みます、と虎杖に全てを託します。

七海の死

次の瞬間、虎杖の目の前で七海は真人に殺されてしまいます。

七海を殺された虎杖は真人に激怒し、真人を殺そうとしますが真人が出した撥体で攻撃が出来ず、逆に反撃をくらってしまいます。

真人は虎杖を挑発

人の命を弄ぶ真人に対して虎杖は激怒しますが、真人から、オマエは俺だ、そいつを認めない限りオマエは俺に勝てないよ、と言われます。虎杖は怒りで我を忘れないように、七海の最後の言葉を思い出し、冷静に真人を攻撃し蹴りを入れます。

真人は一般人を巻き込みながら虎杖を攻撃し、一般人が犠牲になるたびに虎杖は真人に怒ります。その様子を見た真人は、分身を使って虎杖のメンタルを追い詰めようと考えます。

釘崎は真人の分身と対峙

真人の分身は道玄坂で釘崎と対峙していました。釘崎は真人の術式に注意し、掌に触れないよう警戒しつつも、黒閃を放った時の感覚を思い出します。

釘崎は簪を真人に打ち込みますが、真人には簪は効きません。真人は釘崎が虎杖と親しいらしいと分かると釘崎の死体を虎杖に晒し、虎杖の魂を折ろうと考えます。

まとめ

#42の内容は原作だと、14巻120話「渋谷事変㊳」から14巻122話「渋谷事変㊵」までになります。

【ネタバレ】呪術廻戦 14巻 渋谷事変-理非- のネタバレ、感想

#42では、七海が真人に殺されてしまい、虎杖はさらにショックを受けます。

七海は漏瑚にやられてかなり重傷を負っていましたが、改造人間が何体も群がってきて疲労困憊になった所を、真人の術式でやられてしまいます。しかも、虎杖の目の前で殺されてしまい、宿儺が渋谷をめちゃくちゃにしてただでさえショックを受けていたのに、さらに精神的ダメージを受けます。虎杖の精神、大丈夫でしょうか?

そして、釘崎は真人の分身との戦闘となります。釘崎は渋谷事変では今までいい所がなかったので、何か結果を残したいと考えているようです。しかし、真人も釘崎を殺して虎杖の魂を折ろうと考えているようですが、どのような戦闘になるでしょうか?

アニメ 呪術廻戦 第2期 「懐玉・玉折/渋谷事変」のまとめ記事を書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 「懐玉・玉折/渋谷事変」、7月6日から放送開始、単行本あらすじも紹介

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x