サウロはどんな役割を果たすのか?|ワンピース考察

サウロはどんな役割を果たすのか?|ワンピース考察

サウロはどんな役割を果たすのか?|オハラを生き延びた意味

サウロはどんな役割を果たすのか?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。
いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。
この記事では、サウロが生き延びた意味についての考察を、

サウロはどんな役割を果たすのか?|サウロ造反の理由について

甲塚
甲塚

オハラのバスターコール事件を生き残り、現在はエルバフに潜伏しているらしきハグワール・D・サウロ…
彼は今後、どんな役割を果たすのでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます。

サウロ造反の理由について

ハグワール・D・サウロは巨人族の元・海軍中将であり、海軍時代には青雉クザンとは親友と認め合う仲だったようですが、22年前、禁じられている空白の100年に関する研究をしていた調査団の船を拿捕し、調査団の生き残りであるニコ・オルビアを捕らえたわけですが、そのオルビアとの出会いにより人生が変わってしまった…

サウロから見れば、オルビアは純粋に歴史の真実を解き明かしたいだけの紛れもない純粋な考古学者であり、世界政府が何故それを犯罪とするのか理解できなかった…

おそらく、サウロはそれまでにも世界政府のやり方に疑問を抱えていたのではないかと思います…

世界政府が本物の正義なのだとしたらなぜ何かを隠そうとしているのか?
また、何故その真実を探究しようとする者達を社会から抹殺しようとするのか?

オルビアとの出会いはサウロにとって、それまで抱えていた疑問に対する答えになったのではないでしょうか?

本当の悪は世界政府なんじゃないか?

みんなを騙しているんじゃないか?

それはおそらく根拠などない直感や本能みたいなものであり、また彼がDである事にも関係しているのでしょうが、サウロはそれまで正義だと信じてきた世界政府に正義があると信じられなくなったからこそ、オルビアを逃し、海軍に反旗を翻したのだろうと思います…

その後のオハラに対するバスターコールによってサウロは自分の直感が正しかった事を確信しただろうと思いますが、彼がそのバスターコールから生き延びたのにはどんな意味があるのでしょうか?

オハラの意思を繋ぐ者

死んだと思われていたサウロがオハラを生き残り登場した事には大きな意味があるように思います。

オハラ事件では古代文字を解読できる考古学者が全滅ということになったわけですが、それでポーネグリフを解読できる者は二度と再び現れないという事になるはずだったものを、サウロが自分の命を犠牲にし、それがクザンの心を動かしてロビンはオハラ事件を生き延びる事ができた…

物語の中で、サウロは充分に役割を果たしていると思います…

サウロはローの恩人であり彼を生き延びさせたコラさんとよく似た役割を果たしていると思いますが、コラさんは確実に死亡しており、これから再登場する事はあり得ないと思います。

ロビンもローも絶対に助からないはずの運命から救われているわけですが、一人の人間を生き延びさせるというのには、それくらい大変な意味があると思うんですよね…

しかし、サウロが生き延びていたという事は彼にはまだ果たすべき役割が残されているという事に違いないと思います。

もしかしたらロビンが生き残ったのは運命が変わったわけではなく、もともとそういう運命であり、オルビアやロビンと関わる事で運命が変わったのはサウロの方なのかも知れないですね…

サウロはエルバフの巨人達を粗暴と呼び、一緒にされる事を嫌っていたようですが、どういう経緯があったのか、サウロはオハラ事件から2ヶ月後、エルバフの巨人達を率いて考古学者達が湖に投げ込み焼失から守った文献を回収していました…

それがなければオハラの文献は永久に失われ歴史の彼方に消えていったはずですから、サウロの役割はその文献…つまりオハラの考古学者の意思を未来に『繋ぐ』という意味があるように思います。

オハラの意思を『継ぐ』のはロビンであると思いますが、『繋ぐ』のはサウロなんじゃないかと思います…

文献が日の目を見る日は?

文献はサウロが回収しエルバフに保管しているという状況ですが、その文献はオハラの考古学者達とベガパンクが空白の100年に何があったのかという仮説を立てるのに既に役に立っているはずですよね…

文献は役目を終えているとも取れるわけですが、考古学者達とベガパンクが到達したのはあくまで仮説であり、それを立証する役割はロビンと麦わらの一味にあるのではないかと思います…

また、ロビンは全知の樹の図書館にあったその文献全てを網羅しているわけではなく、歴史の真実を示したり、それに関係するような事が文献の中に記されているだろうと思います。

空白の100年に何があったのかというのを知ったロジャー達もそれを明るみにしなかったわけですが、それはその事実を立証できないというような事情があった可能性もある…

つまりは、サウロが回収した文献は、ルフィ達がラフテルに到達し、歴史の真実を知った上でそれを立証する為の証拠になってくるのではないかと思います…

それは証拠の一部となるのかも知れないですが、意図的に抜き取られた100年分の歴史とつながる事でONE PIECE世界の正史が完成する事になるでしょうから、やはり文献の存在は大きいと思います。

イム様はおそらく空白の100年以前の歴史は人類に必要ないと考え、切り捨てているのではないかと思いますが、考古学者達が守り抜きサウロが繋いだ『歴史』は絶対に必要なものだと思いますから、やはりサウロが生き延びたのには大きな大きな意味があると思います。

また、やはりロビンとの再会は非常に感動的なものになるでしょうし、個人的にその時が非常に楽しみで待ち遠しく思っています…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x