古代兵器と月の壁画の三人の人物|ワンピース考察

古代兵器と月の壁画の三人の人物|ワンピース考察

古代兵器と月の壁画の三人の人物|ウラヌス、プルトン、ポセイドン?


古代兵器と月の壁画の三人の人物について〜ウラヌス、プルトン、ポセイドン?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では古代兵器の正体についての考察を

古代兵器と月の壁画の三人の人物|神の名を持つ意味は?

 

古代兵器と月の壁画の三人の人物について〜ウラヌス、プルトン、ポセイドン?〜

甲塚
甲塚

世界を滅ぼす力を持つという三大古代兵器…
マザーフレイムの正体が古代兵器ウラヌスであるのなら、その所在は全て判明した事になりますが、やはり月の文明に由来するものなんでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

神の名を持つ意味は?

ネプチューン王はウラヌス、プルトン、ポセイドンの三大古代兵器は『神の名前を持つ』と言っていました…

過去にも色々と書かせて頂きましたが、現実世界ではその名前はギリシャ・ローマ神話の神の名前だとすぐに分かるわけですが、ONE PIECE世界の神話や伝説はほとんど語られていないですよね…

ネプチューン王が神の名前だと言っているという事は、ONE PIECE世界にもウラヌス、プルトン、ポセイドンが神の名前であると分かる神話があるはず…

つまり、ONE PIECE世界にはそれらの神々が人類と何らかの関わりを持つ存在であると語っている神話や伝説が語り継がれており、また、それはおそらく世界規模で共通する伝説なんだろうと思えます。

もしかしたら、土地土地によって違う名前で呼ばれたりしている可能性はあるかも知れないですが、その三柱の神々は神話の中ではかなり有力な存在なのかも?

ウラヌスは天空神、プルトンは冥界という地底世界の神、ポセイドンは海神であり、それぞれ陸海空の三界を分割しながらも人類については共同統治しているような存在だったりするのではないかと思います。

また、古代兵器は月の壁画にそれらしいものが描かれており、同時に、そこに描かれている三人の人物が作ったものであるかのようにも感じられます。

三大古代兵器と三人の人物が対応しているように思えますが、もしかしたら、三大古代兵器の名前は月の壁画の三人の人物の名前がそのままつけられているのではないかとも思うんですよね…

という事なら、月の壁画の三人の人物は青色の星では神と呼ばれていた事になると思えるのですが…

月の壁画の人物は青色の星の神?

月の壁画には三人の人物が描かれていますが、彼らは月が資源不足になった事により青色の星に飛んだようですよね…

彼らが青色の星で何をしたのかは分からないないですが、おそらく月で枯渇した資源を採取する目的で青色の星に飛んだのでしょう…

しかし、結果的に彼らが生活していただろう月の古代都市ビルカに人の姿はなく、残されていたのはロボットのみで、どう見ても滅びていますよね…

資源を採取できていたなら、滅びるような事にはなっていないように思いますから、彼らは何らかの理由で資源の採取をやめ、そのまま青色の星に定住した可能性もあるのではないかと思います。

おそらく時代的には数千年前になるのではないかと思いますが、当時の青色の星の人類からすれば、まさに神としか思えないような科学技術を持っていただろうと思いますから、彼らは何らかの形で青色の星の人類と関わり、神と呼ばれるようになった…

あの三人がウラヌス、プルトン、ポセイドンという名前だった可能性はあるように思いますし、また、三人はそれぞれ、白々海、地上世界、海の世界を司るような存在であり、その司る力こそが古代兵器だったのではないかとも思いますね…

古代兵器は人類が兵器と呼んでいるだけで、実際には陸海空の三界の運行に関わる『神の力』そのものであり、破壊の力として使ったなら世界を滅ぼすような力があるために兵器と呼ばれるようになったのではないでしょうか?

しかし、気になるの壁画には三人の人物とロボット達しか描かれておらず、それからしてビルカには三人しかいなかったというようなイメージが湧きますよね…

実際に三人しかいなかったのでしょうか?

もしかしたら、彼らはそれぞれ部族か種族のリーダーだったのかも知れないですね…

月には三つの種族が存在した?

壁画に描かれた三人の人物…

月の都市ビルカの遺跡を見るに、本当に三人しかいなかったとは思えないわけですが、もしかしたらビルカには三つの部族か種族がいたのかも知れないなと思います。

三人の人物は服装がバラバラで、一人はスカイピアの人々の服装に似ていますし、一人はシャンディアの服装に似ています…

文化が違うというレベルで服装に差異があるように思えますが、それは種族や部族の違いを表しており、壁画に描かれた人物はその王だったりリーダーだったという可能性はありうると思います。

月にはウラヌス族、プルトン族、ポセイドン族という三つの異なる種族なり部族が存在したのかも?

結局、月の民は青色の星に移住したのではないかと思いますし、そうなるとやはり月の民の血を引くような種族は存在するはずで、それがルナーリア族とかバッカニア族、また魚人族やらミンク族であり、スカイピアの人々であったりシャンディアがそういう種族や部族だったりするのではないかと思います。

個人的に、イム様と五老星達は月の文明と青色の星の人類との関わりを隠したい…空白の100年の真実を隠しているのも、それを隠したいからではないかと思っているのですが、それはやはり彼らが創造主を名乗っている事から真の創造主みたいな存在はこの世から消したいと思っていたりするからなんでしょうか…?

少なくとも、古代兵器は月の文明に由来するものであるというのは間違いないですよね…

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x