くまは『ニカ』のプログラムで動いている?|ワンピースくま過去編考察

くまは『ニカ』のプログラムで動いている?|最期にくま自身の夢を果たす?


くまは『ニカ』のプログラムで動いている?最期にくま自身の夢を果たす?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では過去編から考える現在のくまの行動の意味についての考察を

くまは『ニカ』のプログラムで動いている?|元に戻せない理由について

 

くまは『ニカ』のプログラムで動いている?最期にくま自身の夢を果たす?

甲塚
甲塚

現在、脳改造されているはずのくまは自発的に動き出しマリージョアを襲撃するなどの行動を見せていますが、その意味とは?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

元に戻せない理由について

ボニーはベガパンクに父親を元に戻せと迫っていましたが、ベガパンクはそれはできないし、できない理由があると言っていました…

そのセリフからするに、絶対に元に戻せないという事はないが、それをするわけにはいかない理由があるのだという事が察せられます…

ベガパンクはくまという男が大好きだし、立派だと言っていますし、脳改造を命じた張本人らしきサターン聖とのやりとりを見ても、くまに対する脳改造はベガパンクにとって不本意だった事は明らか…

また、2年前にはくまがサニー号を守るというプログラムをくまに与えていたという事からしても、ベガパンクはくまの願いに可能な限りおうじて実現させていたのも明らかですよね…

おそらくサニー号を守るというプログラムで動いていた時も、おそらく革命軍に保護されている状況から突如自発的に動き出したように、まるで脳改造などされていないように自発的に動いていたのではないかと思います。

それを踏まえて考えるに、ベガパンクがくまを元に戻せない理由は、おそらく、今のくまを動かしているプログラムの存在にあるのではないかと思います。

そのプログラムは、ベガパンクが勝手にくまに組み込んだものではなく、おそらくはくまの意思そのものをベガパンクがプログラム化して、くまの脳に組み込んだものだろうと思うのですが、おそらくはくまが一番したい事、成し遂げたいような事を実現する為のものだろうと思います…

くまは自分の幸福よりも他者の幸福を優先するような優し過ぎる性格であり、他者を幸福にする事により自分も幸福を感じる事ができるという聖人的な性格であるのは間違いないところだと思いますが、それは、かつてサターン聖に対して口にした『ニカ』のように苦しむ人々を救いたいという言葉に集約されているのではないかと思います…

過去にも書かせて頂いていますが、ニカのようになりたいというのは、くまという人間が持つ純粋な『夢』だと思います。

そう考えると、ベガパンクはくまにその夢を果たす為のプログラムを組み込んでいるんじゃないかと思えるのですが…

プログラム・ニカ?

くまが脳改造されているというのは間違いのない厳然とした事実だと思いますが、くまの人格や思想、また夢をプログラム化する事はベガパンクにならできそうな気がします。

脳改造されたくまは他者…おそらく威権者の命令に従う完全なロボットみたいになっていましたが、くまという人間の人格や行動パターンをプログラム化して、それを基に動くのであれば、それはある意味、元に戻っている事に近いのではないでしょうか?

くまは幼少期から『ニカのようになりたい』という夢を持っていましたが、個人的には今のくまはその夢を果たす為に動いているように感じられてならないんですよね…

それについては過去にも色々と書かせて頂いていますが、脳改造されているくまがそんな行動をしているとしたら、それはやはり、元々そういうプログラムが組み込まれていて、何かがキッカケでそのプログラムが起動したという事である可能性が高いと思えます…

『プログラム・ニカ』

とでも呼ぶべきプログラムで今のくまは動いており、マリージョアを襲撃したのは、そこにいる奴隷達を解放する為だったかと思いますし、サカズキと戦闘になった際には敵わない事を察して、また別の場所に移動しましたが、その移動先はおそらく故郷であるソルベ王国かと思います。

おそらくソルベ王国は、くまが暴君として追放された後から天竜人に牛耳られて奴隷国家みたいになっているのではないかと思うのですが、くまはそれから解放する為にソルベ王国で戦う事になるのではないかと思います…

最期に夢を果たして、ドンドットットのリズムで踊り、笑いながら死んでいきそうに思うのですが…

再三、くまの『最期』というような言葉を使わせて頂いていますが、仮に今回書かせて頂いたようなプログラムが起動したなら、何故今がそのタイミングなのかと考えると、そういうイメージしか湧いてこないんですよね…

くまの『最期』について

再三『くまは最期に…』という言葉を使わせて頂いていますが、最期とは、やはりくまは死んでしまうという意味なんですが…

おそらく、バッカニア族であるくまは非常に身体が頑丈だとは思いますし、今はパシフィスタになっているわけですから、更に頑丈になっているでしょうし、身体の大半が機械化されているわけですから、病気とも無縁だったりするのではないかと思います…

しかし、パシフィスタはあくまで人間兵器であり、生き物ではあるはずで、殊に、くまは生水の身体を改造されたわけですから、より人間に近く、他のパシフィスタ達とは違う存在だと思います。

また、くまはこれまでの人生でかなりの無茶をしてきたはずです…

あくまでイメージに過ぎないのですが、くまは命を削りに削りながら生きてきており、肉体は健康であろうとも、命の火馬は尽きようとしているのではないかと思うんですよね…

命が有限のものであるのは間違いないと思いますが、それが徐々にすり減る石のようなものだとしたら、くまの命という石はもうほんの小さな脆い小石みたいになっているのではないかと感じられる…

かつて、釜茹での刑に耐えたおでん様に対してカイドウは『お前の身体は死んでるはず』と言っていましたが、くまも似たような状態になっているんじゃないかと思います。

また、ベガパンクなら人間の生命というものについてもかなり解明していそうですから、くまの命が尽きそうになった際にプログラムが起動するようにしていたのかも知れないな…と思うんですよね…

くまの動きを見ても、最早自分の身体がどうなろうとも構わないというような感じに見えますし、やはり最期の時は近いように思います。

くまはニカのようになりたいという夢を果たす事ができるのでしょうか?

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x