ワンピース1097話以降考察 |藤虎は用心棒を生業とする流れ者だった?

藤虎は用心棒を生業とする流れ者だった?|世界政府に疑問の理由は?


藤虎は用心棒を生業とする流れ者だった?〜世界政府に疑問の理由は?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では藤虎イッショウの過去の経歴についての考察を

藤虎は用心棒を生業とする流れ者だった?|イッショウはルフィとよく似ている?

藤虎は用心棒を生業とする流れ者だった?〜世界政府に疑問の理由は?〜

甲塚
甲塚

藤虎イッショウは海軍入りする以前の経歴が不明ですが、世界情勢にも詳しく世界政府の闇を沢山見てきたようですね…
彼はどんな人生を送ってきたのでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

イッショウはルフィとよく似ている?

イッショウの過去の経歴について考える前に彼の人柄について考えてみたいと思いますが、個人的にイッショウはルフィとよく似た性格であるように感じられます。

大人になったルフィとも言えるような感じであるとも思うのですが、それというのも、二人は共通して『仁義』を重んじる事に関しては完全に一致しているというところからそう感じるんですよね…

仁義とは儒教の言葉であり、仁は人を慈しむ心の事であり、義とは人が行うべき正しい行動を指す言葉ですが、立場の違いはあれどもイッショウとルフィは絶対にこの一点だけは外さない性格であり、それ故に非道無道の行いに苦しむ人々を救わずにはいられないし、また、そうして救った人々から慕われるようになります…

イッショウとルフィは、やはりそこに共感するのか立場を超えて互いに大変気に入っているような関係にありますよね…

イッショウはアラバスタ、ドレスローザという七武海により多大な被害を受けた国を救ったのはルフィだと知っており、それについては世界政府側の人間として海賊であるルフィにお礼を述べているわけですが、それも仁義ある行動だと言えますよね!

二人の仁義はあくまで二人の主観でしかなく、絶対に正しいとは言い切れないと思いますが、誰がどう見ても、彼らの行いには仁義があり、何を敵に回そうとも絶対に曲げないし変えない信念だとも言えるでしょう…!

二人はそれを意識しているわけでもなく、生来そんな性格なんだろうと思いますが、イッショウの過去の経歴を考えるに、彼の原点は海軍大将のスローガンとして掲げてもいる『仁義ある正義』にあるかと思います。

イッショウはおそらく『仁義ある正義』を実践してきたのだと思います!

仁義ある正義で国を追われた?

イッショウは元来、遊び好きの自由人という性格であるように思えます。

また、彼にも生まれ故郷はあるはずですから、個人的にイッショウは青年になるまでは生まれ故郷で自由に生きていたのではないかと思います…

もしかしたら、時代劇のヒーローみたいに何をやって生計を立てているか分からないが、困っている人を放っておく事ができず、揉め事に首を突っ込み解決するなどして人気者だったんじゃないかと思うのですが、おそらく彼の故郷の王が悪党だったのではないかと思います。

おそらくONE PIECE世界には天竜人に気に入られたいとか海賊達と結託してボロ儲けしているような王がゴロゴロしているだろうと思いますが、イッショウの故郷の王もそんな人物だったのではないかと思います。

イッショウはその悪事を見抜き、王を懲らしめてしまったのではないかと思うんですよね…

イッショウは嫌な物事をたくさん見てきたといい、それが自ら両目を潰した理由になっているわけですが、おそらくは王により国外追放される形になり、イッショウは大海に飛び出した…そんな感じだったんじゃないかと思います。

イッショウは時代劇ヒーローみたいなキャラだと思いますが、その中でもダークヒーローに分類されるようなキャラであり、時代劇のダークヒーローは大体何か罪を被せられたり、誰か大切な人を殺されたりするのが物語の最初に当たりますから、イッショウは故郷で王族と揉め、それで流れ者みたいな立場になったという可能性は高いかと思います。

ルフィやエースのようにフーシャ村の人々に見送られての出航という感じではなかったかも知れないですが、おそらくイッショウは故郷では英雄だろうかと思います。

今は海軍大将なわけですし、故郷の誇りみたいに思われているでしょうね…

また、イッショウは世界情勢にくわしかったりしますが、それはやはり各地を流れ歩いてい証なんじゃないかとも思います…

海軍入りの前は流れ者の用心棒?

ルフィはこれまで立ち寄った各地で多くの人々を理不尽な状況から解放してきたわけですが、おそらくイッショウも同じような行動をしてきたのではないかと思います。

時代劇では、各地を旅しながら世直しするというのがヒーローの典型的な形かと思いますし、イッショウはルフィのように仲間達と賑やかに後悔する中でそうした英雄的行動をするのではなく、おそらく単独で各地を渡り歩いたのではないかと思いますが、そうした旅の中で世界について様々な事を知り、世界政府に疑問を抱いたのではないかと思います。

土地土地で知り合った人々を仁義なき悪党から救うような、流れ者の用心棒というのがイッショウの生業だったんじゃないかと思いますが、その中では各地の王、世界政府側の人間、また海賊達が犯した悪行を具に見てきたものと思いますが、彼が世界政府のやり方に強い疑問を感じたのが七武海だったクロコダイルによるアラバスタの国盗り事件が揉み消された事であるようです…

イッショウは世に悪が蔓延る元凶は、やはり世界政府と天竜人にあると思っているでしょうし、その下にいて民衆を支配しているような者達が一番厄介だと思っているようにも感じられます…

イッショウはおそらく革命軍とは違い天竜人を倒しても世界は変わらないと考えていそうに思いますし、大切なのは仁義を知る人間がそれに従い理不尽に苦しむ民衆を救おうとする思いを実行する事にあるのではないかと考えているように思います。

ドレスローザでの土下座事件はサカズとの大喧嘩に発展しましたが、あの行為はイッショウの思想を如実に現すものだったと感じられます。

彼が海軍入りした理由は、世界や海軍を変えようというような大袈裟なものではなく、立場を優先するよりも仁義を貫く大将がいてもいいんじゃないかというようなシンプルなものだったんじゃないかと思います!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x