ワンピース1096話考察 |神の騎士団マンマイヤー家は狙撃手の家系?

神の騎士団マンマイヤー家は狙撃手の家系?|銃神マンマイヤー家?

神の騎士団マンマイヤー家は狙撃手の家系?〜銃神マンマイヤー家?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では神の騎士団とマンマイヤー家についての考察を

神の騎士団マンマイヤー家は狙撃手の家系?|マンマイヤー家は狙撃手の家系?

神の騎士団マンマイヤー家は狙撃手の家系?〜銃神マンマイヤー家?〜

甲塚
甲塚

第1096話では、おそらく38年前の神の騎士団の一員だろう女性がマンマイヤー家と言う家名を口にしていましたが、新たに最初の20人の一角の名前が判明した事になりますね…

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

マンマイヤー家は狙撃手の家系?

38年前の神の騎士団の一員らしき女性が『マンマイヤーにトロフィーを』と言うセリフを口にしていましたが、新たに天竜人の家名が登場しましたね…

彼女はライフルを手にしていたわけですが、虚の玉座の前に突き立てられている最初の20人達の武器の中に銃は含まれていなかったように見えますが、一つだけライフルに見えなくもないものがあるようにも思えます。

空白の100年の時代に銃が存在していたのかわからないですが、今のエッグヘッドのような高度な文明があった時代ですから、ピストルやライフルが存在していても全く不思議ではないと思いますから、もしかしたらマンマイヤー家の先祖であろう最初の20人の一人が狙撃手、銃士みたいなタイプだった可能性はありうると思います…

ピストルやライフルは今の時代にも、命中しさえすれば、覇王色の覇気を備える者さえ射殺できる圧倒的な物理的攻撃力を持つ武器ですし、天竜人達は基本的にピストルやライフルの扱いには優れており、しょっちゅう使っているわけですが、もしかしたら、そのルーツがマンマイヤー家にあるのかも知れない…

過去に神の騎士団はそれぞれの武器を司るような肩書きを持っているんじゃないかと書かせて頂き、剣を使うガーリング聖は『剣神』とか呼ばれていて、刀なら『刀神』、槍なら『槍神』みたいな感じになっていて、それぞれの家々は代々同じ武器を使うような事になっているのではないかと思うのですが、そうだとしたらマンマイヤー家は『銃神』にあたり、代々『銃』を武器に戦う戦士の一族なんじゃないかと考えています。

狙撃手タイプは肉弾戦には不向きかと思いますが、元地上の王族であり今は天竜人であるわけですから、直接的に殴ったり斬ったりする武器よりも、より貴族的な武器に思え、その家柄も非常に天竜人らしく地上の人間達、下々民には全く情け容赦ないような雰囲気じゃないかなと思うのですが、やはり弾丸に覇気を込めて威力を高めるような技を持っている可能性は高いでしょうし、持っている銃が特殊である可能性もあるかと思います。

また、マンマイヤー家のルーツは西の海にあるイリシア王国ではないかとも思うのですが…

元イリシア王国の王族?

西の海にはイリシア王国という国がありますが、国名からしてモチーフはイタリアではないかと思います。

西の海には五大マフィアファミリーが存在するようで、おそらく西の海は西部劇やマフィア映画のような文化を持っているのではないかと思いますが、イタリアにもイタリアンマフィアが存在しました…
というか、マフィアという言葉や存在自体がイタリア発祥みたいですね…

過去の世界会議に登場したイリシア王国の国王はハマキを咥えており、マフィアのボスっぽい雰囲気も醸し出していましたが、それを考えると最悪の世代の一角であるベッジは完全にマフィアやギャングという風情ですし、彼もやはり西の海出身ですから、空白の100年の時代からそのような歴史背景があるのかも知れない…

その背景を作ったのが、マンマイヤー家だったりするんじゃないかとも思います。

王族でありながら、マフィアのように組織的犯罪を行なっていて、人々を暴力的に支配していたりしたんじゃないかとイメージしています。

イリシア王国がイタリアをモチーフにしているとも言い切れないわけですが、マンマイヤー家が銃を使うというのは、構想になればドンパチと呼ばれるような銃の撃ち合いを演じるマフィアのイメージから来ているように思いますし、マンマイヤーという家名は『マンマ・ミーア』というイタリア語のイメージとも重なりますから、可能性はあるように思います。

西の海には、もう一つバリウッド王国というアメリカをモチーフにしたような国もあり、アメリカもマフィアやギャングのイメージがありますから、そちらも可能性があるように思いますね…

西の海は世界で三番目に生きるに厳しいような過酷な海であるようですが、仮にマンマイヤー家が今回書かせて頂いたような歴史背景を持っているなら、今もマフィアやギャングと結びついていて、その元締めみたいな立場だったりするんじゃないかと思っています!

また、おそらく今現在もマンマイヤー家の人間が神の騎士団にはいるんでしょうね…

元イリシア王国の王族?

西の海にはイリシア王国という国がありますが、国名からしてモチーフはイタリアではないかと思います。

西の海には五大マフィアファミリーが存在するようで、おそらく西の海は西部劇やマフィア映画のような文化を持っているのではないかと思いますが、イタリアにもイタリアンマフィアが存在しました…
というか、マフィアという言葉や存在自体がイタリア発祥みたいですね…

過去の世界会議に登場したイリシア王国の国王はハマキを咥えており、マフィアのボスっぽい雰囲気も醸し出していましたが、それを考えると最悪の世代の一角であるベッジは完全にマフィアやギャングという風情ですし、彼もやはり西の海出身ですから、空白の100年の時代からそのような歴史背景があるのかも知れない…

その背景を作ったのが、マンマイヤー家だったりするんじゃないかとも思います。

王族でありながら、マフィアのように組織的犯罪を行なっていて、人々を暴力的に支配していたりしたんじゃないかとイメージしています。

イリシア王国がイタリアをモチーフにしているとも言い切れないわけですが、マンマイヤー家が銃を使うというのは、構想になればドンパチと呼ばれるような銃の撃ち合いを演じるマフィアのイメージから来ているように思いますし、マンマイヤーという家名は『マンマ・ミーア』というイタリア語のイメージとも重なりますから、可能性はあるように思います。

西の海には、もう一つバリウッド王国というアメリカをモチーフにしたような国もあり、アメリカもマフィアやギャングのイメージがありますから、そちらも可能性があるように思いますね…

西の海は世界で三番目に生きるに厳しいような過酷な海であるようですが、仮にマンマイヤー家が今回書かせて頂いたような歴史背景を持っているなら、今もマフィアやギャングと結びついていて、その元締めみたいな立場だったりするんじゃないかと思っています!

また、おそらく今現在もマンマイヤー家の人間が神の騎士団にはいるんでしょうね…

現在の神の騎士は?

38年前の銃を持った女性は、今のガーリング聖のように、未だ現役という可能性はあるかと思いますが、代替わりしている可能性の方が高いですよね…

しかし、おそらくは女性騎士だというのは同じなんじゃないかと思います。

過去に描かれた現在の神の騎士団のシルエットの中には女性らしいシルエットを持つ人物もいますし、38年前と今もビジュアル的にはほとんど変わらないようなメンバーがいるのではないかと思います。

個人的に、マンマイヤー家はわざわざ家名が出されたわけですから、神の騎士団の中でも上位クラスの存在じゃないかと考えているのですが、もしかしたら、No. 3くらいの立場にはあるのではないかと考えます。

天竜人達はおそらく基本的には皆同格だろうと思いますが、五老星やガーリング聖は別格みたいな雰囲気ですから、マンマイヤー家も天竜人社会の中では高い地位にあるんじゃないかと思います…

第1096話の内容から神の騎士団の登場と、その実力がどれほどのものか非常に楽しみなんですが、少なくともロックス海賊団やロジャー海賊団を相手に恐れる事なく当たり前のように立ち向かっていた事から、やはり彼らと互角に戦え実力を持っているはずだと思え、それならドラゴンが危険視して然るべきだと思えますし、革命軍と戦うのか、海賊達と戦うのかワクワクします!

一番楽しみなのは、彼らが能力者かどうか、また、どんな能力を持っているがなんですが、やはりほとんどが五老聖達のようにゾオン系能力者だったりするのでしょうか?

イム様と五老星達がゾオン系なら、神の騎士団は、それぞれが使う武器の特性にマッチしたようなパラミシア系集団なんじゃないかと考えています!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x