銀斧はフランキーの父親!?|ワンピース考察

銀斧はフランキーの父親!?|ストロングスタイルが共通点?


銀斧はフランキーの父親なのか?〜ストロングスタイルが共通点?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では大海賊・銀斧についての考察を

銀斧はフランキーの父親!?|銀斧の由来は?

 

銀斧はフランキーの父親なのか?〜ストロングスタイルが共通点?〜

甲塚
甲塚

第1096話では、ロックス海賊団にいたという謎の海賊・銀斧らしき人物の顔が描かれていましたが、彼は一体どんな海賊だったのでしょうか?

今回はそれについて色々と書かせて頂きます!

 

銀斧の由来は?

銀斧という海賊…

彼は髭面で、おそらく西洋風の甲冑に身を包んだ姿で描かれていると思いますが、見た感じでイメージが重なるのがビッグ・マム海賊団の三将星の一人・クラッカーがビスビスの実の能力で生み出したビスケット兵…

おそらく銀斧はビスケット兵よりもっとマッシヴな体型だろうと思いますが、もしかしたらあのビスケット兵のモデルは銀斧だったりするのではないかと思っています。

クラッカー自身とは全く似ても似つかないデザインであり、あのデザインがどこから来たのかと考えると、もしかしたら銀斧かと思ってしまうんですよね…

クラッカーは45歳であり、リンリンがロックス海賊団に在籍していた頃にクラッカーが銀斧と会っていて不思議はなく、子供の頃のクラッカーには非常にインパクトがあったのかも知れないなと思うんですよね…

しかし、ビスケット兵はクラッカーと同じ剣を使って戦うタイプですから斧には繋がらないわけですが、銀斧はやはり斧を得物にしていたのでしょうね…

個人的にはスコッパー・ギャバンのような手斧ではなく、長柄の巨大な斧だったんじゃないかとイメージしているのですが、おそらくは元々どこかの国の武人であり、戦闘狂みたいな性格が人間らしい生活を窮屈に感じさせ、思うままに暴れたいというような理由で海賊になったんじゃないかなぁと思っています。

自慢の斧を身体の一部のようにして使い、見た目から想像もつかないスピードと見た目以上の怪力で敵を粉砕するみたいなイメージなんですが、銀斧の斧についてはそういうイメージが湧いてくると思いますが、銀というのは、やはり悪魔の実の能力を意味しているのではないかと思います。

単純に銀色の斧や甲冑をつけていたりしたのかもしれないですが、それだとそのまま過ぎるなぁと思うので…

シルシルの実の能力?非能力者?

銀斧はロックス海賊団がゴッドバレーに悪魔の実を取り返しに行くのに参加していましたが、すでに能力者だったのかどうかは全く不明…

非能力者であり、彼自身、青龍の能力を我が物にしようとしていたような可能性も高いと思いますが、銀斧の銀が悪魔の実の能力に由来しているなら、やはりすでに能力者だった可能性はあるでしょう…

過去記事にて、劇場版GOLDのボスだったテゾーロの黄金を操るゴルゴルの実の能力と同系統の銀を操るシルシルの能力者だったのではないかと書かせて頂きましたが、先程のクラッカーのビスケット兵に関連づけて考えるに、銀斧は能力によって銀製の自分のコピーを生み出し、その軍隊を率いて戦うとうような戦闘スタイルだったというようなイメージも湧いてきます。

クラッカーはビスビスの実の能力で無限にビスケット兵を生み出せたわけですが、その能力の使い方のルーツも銀斧だったという可能性も感じます。

ビスケット兵は普通に考えてめちゃくちゃ強いわけですが、本人を超える強さにはなりえないとして、銀斧は少なくともクラッカーよりは強かったでしょうし、ビスケットではなく銀製だとしたら硬度も攻撃力も段違いになるものと思います…

自分の能力で軍隊を生み出せるなら、仲間も必要ないですし、ソロや少人数でも充分に戦えそうですから、ロックス海賊団というチームワーク皆無のような海賊団は肌にあっていたんじゃないかと思いますね…

また、やはり銀には魔除け効果があるとされていますから、それも何らかの要素として銀斧の強さに繋がっているのではないかとも思うのですが…

クラッカーとの関係性について書かせて頂きましたが、その可能性もある事を踏まえつつ、個人的には銀斧はフランキーの父親である可能性も以前から書かせて頂いていますが…

フランキーの父親なのか?

フランキーは南の海の海賊夫婦の子としてうまれたが、あまりの暴れん坊ぶりに10歳の時に捨てられ、ウォーターセブンの船大工トムに拾われていますね…

おそらくウォーターセブンに置き去りにされたのだろうと思いますが、その父親が銀斧だったりしたら非常に面白いなと思います。

フランキーの変態性、自由さ、ド根性、男っぷりの良さからして、親は只者ではないと思いますから、やはりそれなりの大海賊だったんじゃないかと思います。

第1096話の銀斧の不敵な笑顔も、何だかフランキーの不敵な笑みに似ているように感じられますし、フランキーがセニョール・ピンクとの戦いで見せた全ての攻撃を受け切った上で敵を倒すというストロングスタイルも、銀斧の見た目のイメージからマッチしていそうな気がします…

もしかしたら、そこが二人の一番の共通点だったりもするのではないかと思えますしね…

また、フランキーは現在35歳なわけですが、銀斧がゴッドバレー事件の後に独立し、南の海で海賊として名を挙げていく中で海賊の女性と結婚してフランキーが生まれたというのもあり得る話だと思います。

また、王直と共に銀斧も通り名であり、本名があるはずだと思いますが、それが明かされていない事には意味があるだろうと思いますから意外な人物とつながる要素だと思うんですよね…

フランキーの本名は『カティ・フラム』なわけですが、フラムはフランス語で炎という意味であり情熱的なフランキーにはピッタリ名前だと思いますが、銀斧も『カティ・◯◯』が本名だったりするかも?

銀はフランス語で『アルジャン』、斧は『アッシュ』になりますが、もしフランキーの父親ならば『カティ・アッシュ』になるかも知れないなと思います。

アッシュというのは『灰』という意味があり銀とは光沢があるかないかの違いだけですから、斧という要素と銀という色的要素にも繋がりそうな気がします。

銀斧の本名は『カティ・アッシュ』だったりするかもしれないですね!

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x