僕のヒーローアカデミア408話感想考察|AFO全因解放!

僕のヒーローアカデミア408話感想考察|AFO全因解放!

僕のヒーローアカデミア408話感想考察|弟を奪った男との時空を超えた決着!

僕のヒーローアカデミア408話感想考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプ最新1号に掲載されていた僕のヒーローアカデミア408話の内容に感想をネタバレも含みますが考察も交えて

僕のヒーローアカデミア408話感想考察|与一喪失とその原因

 

AFO全因解放!弟を奪った男との時空を超えた決着!

甲塚
甲塚

僕のヒーローアカデミア第408話!

前回はAFOと与一の過去が明かされ、AFOは自分から離れていく弟を壊したわけですが、その原因が二代目・駆藤だという事が描かれましたが…

今回は第408話の内容と感想を書かせて頂きます!

 

与一喪失とその原因


壮絶な出生にあったAFO…

彼は生まれつき何も持っていないながらも全てを自分の所有物にできる精神性と異能を持っていたわけですが、唯一、最初から与えられていた所有物が弟だったようです。

他のモノは自分の才覚・才能で手に入れたが、唯一、最初から持っていた自分以外のモノが弟だった…

AFOは無論、血縁とか愛情というものの存在を理解していると思いますが、AFOにとってそれは所有物に対する執着心みたいなものであるとしか感じられなかったのではないでしょうか?

弟に対する自分の気持ちも所有物に対する執着心だと考えていたようですよね…

しかし、それは歪んでいるとは言えども、やはり唯一の血縁者である弟に対する愛情でしょう…

母親から愛情を受ける事が出来なかったからなのか、自分の弟に対する愛情…また弟からの愛情や弟の優しい気持ちも理解できなかった結果、弟は自分の意思で兄であり持ち主である自分から離れていった…

弟に与一という名前を与えたのは自分であり、それは自分に最初に与えられていたものだったというのが由来みたいですが、その与一が自分のものにならないのならとAFOは与一を壊してしまった…

与一という名前には与えられた一番大切なものというような意味もあったんじゃないかと思うほどにAFOは喪失感を覚えたようです。

思い通りにならないものがこの世にはあると言う現実と共に襲いくる喪失感は非常に大きいものであったようで、弟を壊した直後、彼はしばし自失していたようですね…

しかし、自分から弟を奪った青年とAFOは目が合っていたようです。

AFOの眼球は生まれつき薄膜が張ったように艶がないから、その瞳に青年が映り込む事はなかったとナレーションがありますが、彼の目に映らなかった理由は自失していたからではないかと思います…

AFOにとって弟は自分の半身みたいなものであり、それを自ら破壊したのですから、彼の瞳は何かを映す力さえ無くしていたのかも?

本当は元々盲目だったりして、それを異能で補っていたものが弟を失った事で弱体化してしまったりしたのかも知れない…

少なくとも、彼は肉親を失うという事と、それが悲しい寂しいという気持ちになり、また、自分自身がそうしてしまったのだという事に対するいたたまれない気持ちというものを初めて認識したのかも知れないですね…

また、自分の弟さえ簡単に殺してしまうAFOの狂気を見た駆藤の目にはその顔と表情が焼きついてしまったようですね…

AFOは手元に残った弟の手を腐らないように保存していたようですが、その手からは自分が与えたはずの異能が消えていた…

人から奪ったモノ、隷属させる為に奪ったモノはいらないと拒否し続けた与一に無理矢理与えた異能…

それが消える事など今までなかった…

与一に異能を与えたのは自分の所有物であるという事を示す焼印みたいな意味もあったかと思いますが、その焼印が消えているとしたら不思議ですよね…

AFOは与一には元々異能がない事は確認していたし、自分が自我も芽生えない頃に与一から奪ったのかも知れないなとも思っていた…

しかし、与一の手からは認識するには難しいくらいに微量な異能の因子みたいなものが発見され、彼は二人が生まれた時に栄養不足だったか形にならなかった因子が、今になって動き出したのかと分析していたようです…

この兄弟は元々二人で一人みたいな存在であり、二人のAFOとOFAという異能はそれぞれ不完全で一緒にあって初めて意味があるものだとたりするんじゃないかとも思えます…

追ってもすり抜けていく


駆藤は与一救出失敗の時から全身に違和感があり、その原因を調べていたようですが、三代目ブルースがその原因をつきとめ、駆藤には生来の因子と出来損ないみたいな小さな因子があるという…

AFOには触られていないからその影響でないのは明らかであり、可能性があるとしたら与一…

駆藤は自分の中に与一の意志が残っているように感じられているようですが、それがOFA…?

また、同時にAFOも与一に与えた異能が消えたのは、最後に与一に触れた時に自分が足りない部分を補う為に奪ったのではないかと感じているようです…

この時、AFOにとって与一は所有物ではなく、自分に足りないものだったと自覚したのかも知れないですね…

また、AFOと駆藤は同時に、自分の中に与一の意志がある事を自覚したようです…

与一の意志とは、AFOとOFAは合わせて一つの異能であり、与えるも奪うも世界一優しい力になったかも知れないのに…という想いであるかのような雰囲気ですが…

AFOはOFAの補助により魔王ではなく、救済の神になれたかも知れないという事じゃないかなと思いますし、AFOもそれを理解しているのかも知れないですが、彼は魔王になる道を選択したのかも知れないですね…

他人の心を操る術を身につけ、奪い支配し、他者の生殺与奪の権を握る者として君臨する…

与一の意志があるとしても、彼はそれに拘ってしまったのかも?

異能は与えられても、彼には他者に与えるべき優しさや愛情が欠如していた…

彼にとって与一は、ただ欲しいだけなのに追っても追ってもすり抜けていく存在だったようですが、それは他者に与えるべき優しさを手に入れたいのに手に入らないという事だったのかも知れないとも思います。

本来は一人で生まれてくるべき存在が二人に分かれてうまれてきたという運命の悪戯…

それがAFOを苦しめ、その苦しみから逃れる為に、AFOは奪う事を繰り返すしか出来なかったのかも知れない…

そのやりきれない想い…本人が本人に説明し理解し得ないような想いを、自分に弟を壊させ奪った駆藤にぶつけるしかAFOにとって苦しみから逃れる術はない…

しかし、駆藤を壊したとてそれから逃れる事はできず、今も苦しみ続けているというような状態にみえますが、今、その駆藤の面影がある爆豪が目の前にいて、また自分の欲しいモノの前に立ちはだかる…!

全因解放


この苦しみは全て駆藤のせいだ!

AFOは爆豪に向かってそう叫びますが、爆豪が駆藤であるわけがないのはAFOにも分かっているようです…

駆藤の血縁は全て絶やしている!
それだけではなく血縁の原因になりそうな女性も子供も、疑わしき存在も含めて全て絶やしている!

もし、爆豪に駆藤の血が受け継がれているなら、以前に直接会った時に何かを感じていたはず…

しかし今、爆豪に駆藤を感じているのは以前とは違う眼の光!

容姿が似ているのは只の他人の空似に過ぎない…!

だが、その眼の光の中には確かに駆藤に似た意志が宿っている…

駆藤は時空を超えて、自分の眼前に立ち、今、自分の行く手を阻んでいるのだ!

AFOはそう確信したようです!

ワープで強制的に引き剥がそうにも転送ポイントはすぐ近くしかなく効果は薄い…

しかし、これ以上交戦し巻き戻しを進行させては、既に自分を拒絶している弔のもとに到達しても彼を屈服させ譲渡を成立させる事が極めて困難になる…

それを気にしていたが、今はもうそれさえもどうでもいい、爆豪を倒すのも譲渡も全て一括で済ませる事が最善の策…

AFOは目的を果たす為に自分の異能の因子を全て同時に解放し、巨大な怪物のような姿に変異します!

AFOから放出されるエネルギーは周囲を破壊していきますが、こんなもの、一人の人間が対処できる範疇を遥かに超えている…

このエネルギーの力場に入った瞬間、人間の体は消滅してしまいそうな迫力がありますし、おそらく本当にそうなるでしょう!

オールマイトは爆豪に避けろと叫びながら、オールマイトも最後の賭けに出たと感じているようですが、爆豪は『勝てるわけねーだろ』といいながら、まさに魔王に相応しい様相になったAFOの行手を阻む姿勢を変えない!

爆豪はAFOの『全て』を受け止める事ができるのか?

しかし、それが出来ないと全て終わってしまうだろうと思いますが…

もしかしたら、OFAも伝播するような特性があり、爆豪にもOFAの何らかの特性が付与されているように感じられますが、そういう展開になったりするのでしょうか?

この記事の紹介は以上になります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました!

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x